スタバみたいな家を建てたい!把握すべき建てる方法7選


スタバみたいな家を建てたい方へ

「スターバックスが大好き!」「スタバみたいな家を建てたい!」と憧れる方は多いです。

スターバックスは1971年にアメリカのシアトルで開業し、日本には1996年に1号店がオープンしました。それから、現在は日本だけで1600を超える店舗を営業しています。

スターバックスが人気の理由は、シーズンごとに発売されるフラペチーノなどの飲食だけではありません。選ばれている理由は、居心地が良い外装・内装の設計がされているため、お客様がスターバックスで過ごす時間を大切にしているのです。

スタバみたいに都会的で洗練されたデザインを、自分の家にも取り入れたい。でもどうやって取り入れて良いか分からない、そういった方のための記事となります。

スターバックス 店舗設計の特徴

スターバックスは全国に店舗がありますが、同じ設計をしている店舗はありません。その地域に合わせて、スターバックスのインハウスデザイナーが設計を行っています。例えば、古い町並みが残る地域では、周りに合わせて違和感なく溶け込むようなデザインをしています。

コンセプトとして「Third place」が挙げられます。「家庭でもなく職場でもない第3の空間」というコンセプトで、お客様が過ごす時間を提供しているのです。また、下記のことを設計に取り入れています。

地域や自然とつながる設計

日本にはその地域の個性があり、伝統工芸など様々な文化があります。スターバックスの店舗は、出店する地域の伝統工芸を取り入れた家具を採用したり、地元のアーティストの作品を飾ったりと、お客様と地域のつながりを楽しんでもらう工夫をしているのです。

環境に配慮した設計

スターバックスの設計は、オシャレなだけではありません。環境にも配慮しており、LED照明の導入・省エネ効果が高い空調・節水型機器など環境に配慮した設計となっています。

米国グリーンビルディング協会が開発・運営する環境性能評価システム「LEED」は、環境に配慮した建物に認証される制度です。スターバックスでは、福岡大濠公園店において日本で初めてのLEED認証を取得しています。

 

スタバみたいな家を作る方法7選

次に、スタバみたいな家を作る作りたい方へ、どのような設計のポイントがあるのか紹介していきます。

「黒」と「木」の組み合わせ

スターバックスの外観は店舗により様々ですが、「黒」と「木」の組み合わせをよく見かけます。黒で高級感を演出しながらも、一部の外壁に木を配置することによって、素朴な親しみやすさを演出しているのです。

「黒」はガルバリウム鋼板を使用する

スタバみたいな家にしたい方は、外壁材として金属製サイディングのガルバリウム鋼板をオススメします。

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウム55%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%から生成されるアルミ亜鉛合金めっき鋼板のことです。次のような特徴があります。

・モダンなデザインになる
・金属だがサビにくい
・外壁材の中では安価
・軽いため耐震性が高い
・耐熱性が高い
・断熱性が低い
・遮音性が低い
・数ヶ月に1回の水洗いが必要

ガルバリウム鋼板は安価にも関わらず、スッキリとしたモダンな雰囲気を演出できます。デメリットとしては、断熱性・遮音性が低く、数ヶ月に1回の水洗いが必要な点です。水をかけるだけで、ブラシでこするといった必要はありません。

木質系サイディングを使用する

一部の木を使う部分は、木質系サイディングにすると素材感が出てオススメです。

木質系サイディングとは、天然木の表面を塗装処理して外壁材としており、木のぬくもりを演出できます。レッドシダーという樹木が多く使われますが、ひのきなどその他にも種類があります。

断熱性に優れており、天然木を使っているので唯一無二のデザインが楽しめます。しかし、水に弱くメンテナンス周期が短いのがデメリットとなり、塗装は5年周期で塗り直しが必要です。木質系サイディングは、玄関回りなどワンポイントで使用することをオススメします。

木質系サイディングではなく、木製のルーバーを使用する方法もあります。ルーバーとは、細い板を隙間をあけて並べたもので、目隠しをしながら採光を取りたいときに使用する物です。壁をルーバーで覆うと、スタイリッシュな外観となります。

全面タイル張りもオススメ

スターバックスでは、外壁を全面タイル張りにしている場合があります。タイルは耐火・耐水・耐久のどれにも優れており、高級感があります。また、メンテナンス費用が安く、見た目も劣化しにくい優れた外壁材です。

デメリットとしては、サイディングに比べて費用が高いことです。しかし、サイディングは10年に1度の塗り替えが必要ですが、タイルは30年程度はノーメンテで問題ありません。維持費も含めると、サイディングと比べて費用は大差ありません。

オーバーハングと陸屋根

オーバーハングとは、上階を下階よりも張り出して広いスペースを作る設計です。張り出している部分を「キャンティ」と呼びます。

モダンで高級感のある外壁となり、キャンティ部分は駐車スペースにする、テラスにするといった使い方ができます。狭い土地でよく使われる施工方法です。家全体の加重バランスを取る必要がありますが、スタバでもよく採用されています。

また、スタバの屋根は陸屋根がほとんどです。陸屋根とは、勾配のない平らな屋根のことです。陸屋根は水漏れの対策などが必要ですが、屋上に照らすを作るといったことも検討できます。

LED照明と関節照明

スターバックスはLED照明で演出され、間接照明を上手く使っています。関節照明は、スタバみたいな家を目指すためには必須なので、設計士と相談して取り入れましょう。

吹き抜けで自然光を取り入れる

スタバでは、吹き抜けを上手に取り入れることで自然光が差し込む内装設計がされています。吹き抜けは暖房効率を下げるものの、開放感を演出し照明器具を使わなくても明るい家になります。

 

参考になるスターバックス店舗を紹介

次に、参考になるスターバックス店舗を紹介します。

一般的な店舗だけでなく、コンセプトストアも多く紹介しています。コンセプトストアとは、スターバックスの中でもデザイン性にこだわった店舗です。その土地の歴史や文化などを色濃く取り入れています。

スターバックスコーヒー 目黒店

スターバックスコーヒージャパンの本社ビル1階にある店舗です。「和」をイメージして作られた店舗で、商品の棚に葉模様の組子細工をしていたり、エントランスの正面にすだれや障子をモチーフにした仕切りを置いていたりと、和を意識した店舗となっています。

スターバックスコーヒー 銀座マロニエ通り店

銀座の松屋デパート裏にあるコンセプトストアです。デザインも素晴らしく、席の予約システムなども取り入れている店舗です。

スターバックス 大濠公園店

公園の中にあるスターバックスで、環境に配慮したグリーンストアとなっています。高窓から太陽光を取り込んで電力消費量を軽減したり、コーヒーを淹れた後に残る豆粕を公園の落ち葉でたい肥を作るといった活動を行っています。

スターバックス 京都三条烏丸ビル店

天井が非常に高く、開放感のあるスターバックスです。レジカウンター上の天井にアーチを描く木のデザインが、ピアノや楽譜を連想させるような高いデザイン性となっています。

スターバックス リザーブ® ロースタリー 東京

杉の木の色味を活かした内装で、開放感の中で優しい木目と焙煎設備がアクセントになっています。焙煎設備を大きく見せることで、「ナチュラル×インダストリアル」のような空間を演出しています。

スターバックス ザ・バンク(オランダ)

ヨーロッパ初のコンセプトストアです。銀行の金庫室を、スタバに改造した内装となっています。木の温もりを活かした雰囲気で、まるで美術館にいるような空間となっています。

スターバックスコーヒー 鎌倉御成町店

漫画家・横山隆一氏の邸宅跡をアレンジして作られた店舗です。藤棚や桜の木、プールが当時のまま残されているため、四季折々の景色を楽しむことが出来ます。

 

まとめ

スタバみたいな家になるポイントについて、今回は7つ紹介しました。

・「黒」と「木」の組み合わせ
・「黒」はガルバリウム鋼板を使用する
・木質系サイディングを使用する
・全面タイル張りもオススメ
・オーバーハングと陸屋根
・LED照明と関節照明
・吹き抜けで自然光を取り入れる

様々なスターバックスの店舗を確認しつつ、このポイントを取り入れることでスタバみたいな家を実現することができます。ぜひ参考にしてみてください。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加