スタディコーナーでリビング学習をしよう!注意すべき間取りのポイント4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リビング学習のために設置すべき「スタディコーナー」

1

「東大生の多くが子供の頃に実践していた学習法」として注目されたのが、子供部屋ではなくリビングで勉強をするリビング学習です。

今や、小学生以下の子供がいる家庭では定番になっています。しかし、リビングやダイニングにスタディコーナーを設置するには、家を建てる時にしっかりとした計画が必要です。

スタディコーナーのある間取りを実現するには、注意すべきポイントがいくつもあります。今回は「スタディコーナー」について、詳しく解説します。

 

なぜリビング学習がいいのか?

2

まず、そもそもリビング学習をするのかどうか検討が必要です。リビング学習のメリットを4つ紹介します。
 
 
●分からないことがすぐに聞ける

リビングには家族がいるので、分からないことがあったらすぐに聞くことができます。分からない事があっても、すぐに聞く習慣を身につきます。学力を伸ばす上で、これはとても重要です。
 
 
●集中力がつく

リビングは、テレビや家族の話し声が聞こえて集中できないイメージがあります。しかし、そういった環境でも集中して勉強できるようになる習慣ができて、どんな環境でも集中できるようになるのです。
 
 
●親のことが見える

リビング学習は、勉強をしながら母親が家事をしたり、父親がスタディコーナーで一緒に仕事をしている姿が見られます。子供は、親の背中を見て育つものです。
 
 
●勉強が習慣になる

小さい子供にとって、子供部屋に1人で勉強をするのは楽しくないものです。「学ぶのは日常で楽しい」という感覚にするために、リビング学習はオススメです。

 

スタディコーナーを設置する際の注意点4選

3

次に、スタディコーナーを設置する際の注意点を4つ紹介します。
 
 
●電源を多く設置する

スタディコーナーとして活用する予定の場所は、電源を多く設置しておきましょう。携帯の充電・パソコンの利用・照明の設置など、様々な用途で必要になります。LANケーブルの差込口もあった方が良いでしょう。
 
 
●背後に人の気配を感じない場所

スタディコーナーを設ける上で、背後に人の気配を感じない場所がベストです。人が見えているのはいいのですが、見えない背後に人の気配があると集中力が出ないのです。
 
 
●部屋の出口が見える場所

勉強をしながら誰かが帰ってきた場合など、出口が見えないと一度振り向くことになり、集中力が続かなくなります。可能であれば、部屋の出口が見える場所がベストです。
 
 
●上部に人の気配を感じない場所

「階段下のスペースが余っているので、スタディコーナーにしよう」という家庭は多いですが、上部に人の気配を感じると集中力が削がれます。上部に人の気配が感じない場所にしましょう。

 

子供が大きくなったら子供部屋の勉強スペースを検討しよう

4

子供が小さい頃は集中力が続かないので、子供部屋で1人で勉強をするのはとても難しいです。リビング学習は、そんな小さな子供には最適な勉強法になります。

しかし、子供が大きくなったら子供部屋に勉強スペースを移すケースが多いです。受験勉強など夜遅くまで勉強することも多く、部屋の方が集中できる子供が多いのです。

戸建を建てる上で、スタディコーナーはスペースも多く使うので、しっかりと検討して設置することが重要です。ぜひ、参考にしてみてください。



住宅展示場に行こうと思っている方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加