固定資産税が高くなる設備7選|設置前に必ず把握すべき



把握すべき固定資産税が高くなる設備

「せっかくの注文住宅だから、憧れの設備を付けたい」という方は多いですが、固定資産税のことを考慮しながら設備を検討する方は少ないです。

固定資産税は、マイホームを購入すると毎年掛かる費用です。家の設備によっても金額が変わるため注意が必要なのですが、ほとんどの方は把握出来ていません。

そこでこの記事では、把握すべき固定資産税が高くなる設備について、詳しく解説します。

固定資産税はどうやって決まる?

固定資産税は、固定資産と呼ばれる土地や建物を持っている人に対して、市町村が課す税金です。

固定資産税は、家を建てた数ヶ月後に「家屋調査」を市の担当者が行うことで決まります。建物の構造や内装だけでなく、設備もチェックした上で点数方式で決まります。

点数が高ければ高いほど、固定資産税も高くなります。固定資産税が高くなるのは、一般的な設備よりも良い設備を設置した場合に掛かります。

 

固定資産税が高くなる設備7選

固定資産税が高くなる設備について、代表的な7つをご紹介します。

ソーラーパネル(屋根一体型)

ソーラーパネルの中でも、「屋根一体型ソーラーパネル」は高価な屋根材という判断となり、ポイントが加算されます。

ソーラーパネルでも、後から乗せるタイプで売電10kW未満であれば加算はありません。メンテナンスや見た目の観点で屋根一体型を選ぶのであれば良いですが、固定資産税が増えることは把握した上で選びましょう。

外壁タイル

外壁の種類は、主にタイル・サイディング・吹き付け仕上げがあります。

この中でも、外壁タイルは資産価値が高いためポイントが加算されます。外壁タイルは耐久性に優れ、メンテナンスも費用が格段に少なくなるため、固定資産税は高くなるもののメリットも多いです。

床暖房

床暖房は、固定資産税のポイントが加算される設備です。

また、把握しておきたいのが、温水式と電気式でも加算されるポイントが違う点です。温水式床暖房の係数は1.0、電気式床暖房の係数は2.0となり、電気式の方が高いのです。

設置される面積に比例して、固定資産税も高くなります。床暖房は必要な場所のみに設置して、可能であれば温水式を選びましょう。

ビルトインエアコン

天井に埋め込むビルトインエアコンは、固定資産税が高くなる設備です。通常のエアコンは家電扱いのためポイントが加算されませんが、ビルトインエアコンは建物の一部と見なされるためです。

ビルトインエアコンは、インテリアの雰囲気を壊さないため人気の設備です。固定資産税の増加も含めて、設置を検討しましょう。

ホームエレベーター

ホームエレベーターは、固定資産税が大きく上がる設備です。

ホームエレベーターの大きさなどにもよりますが、年間25,000円程度は固定資産税が上がってしまいます。非常に大きな出費です。

開閉式の天窓

開閉式の天窓も、固定資産税が高くなる設備です。

開閉式でない天窓も固定資産税が上がりますが、開閉式の方が倍近くポイントが加算されます。天窓を検討している場合は、覚えておきましょう。

エコカラット

エコカラットを壁に貼ると室内の空気を整え、さらにお洒落な内装に仕上げることができます。しかし、エコカラットは固定資産税のポイントが加算される設備です。

検討したいのが、エコカラットの後付けです。家屋調査の後に設置することで、ポイントは加算されません。

また、エコカラットの貼り付け面積を壁紙全体に対して1%未満にすることで、固定資産税に課税されないケースが多いです。

 

固定資産税が正しいか必ずチェックしよう!

固定資産税の家屋調査が終わると、課税通知書が送られてきます。この課税通知書が正しいかどうか、必ず確認しましょう。

家屋調査をするのは人間ですので、間違っているケースもあります。そのまま放置しておくと、間違った金額で毎年課税されることになります。

ぜひ、参考にしてみてください。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】