転勤族がマイホームを買うと後悔する?実際の事例と家を選ぶポイントを徹底解説



転勤族がマイホームを買うと後悔する?買わない方が良い?

「うちは転勤族だから、マイホームは買えないな。」と思っている方が非常に多いです。

確かに、転勤族がマイホームを購入して、約4割が後悔したという結果もあります。しかし、対して6割は後悔していないのです。

この記事では、転勤族の方がなぜマイホームを買うのか、どのようなケースで後悔するのかを詳しく解説します。

転勤族がマイホームを買う理由4選

転勤族の方がなぜマイホームを買うのか、理由について解説します。

子供が転校を嫌がった

子供が小さいうちは良いのですが、小学校3年生頃になると仲の良い子と頻繁に遊ぶようになります。仲良しの子ができ、すぐに会えない距離に引っ越すというのも理解できるので、転校を嫌がるのです。

親にとって、転校によって子供が泣いているのを見るのは辛いものです。子供が転校することを嫌がったことで、マイホームを購入したケースが非常に多いのです。

いつ転勤になるのか分からないという不安

「何年後にどこに住んでいるか分からない」「いつ転勤を言い渡されるのか分からない」というのは、精神的にも不安なものです。

転勤族であっても、マイホームがあることである程度の不安は解消されます。

妻も働きたい

転勤族の妻は、最初は夫に付いていくという思いで結婚されている方が多いです。

しかし、子供が大きくなって手がかからなくなると、自分の人生についても考えるようになります。働きたいと考えていても、転勤族だと長く務められず、急に仕事を辞める必要があります。

マイホームを購入して、妻も働くというケースは多いです。

定年後の生活

転勤族でずっと賃貸住宅に住んでいる場合、定年後に生活する拠点が無くなります。

定年後に家を購入すれば良いという考え方もありますが、定年後の生活の拠点が決まっているという安心感があります。定年後に住宅ローンを組むのも大変です。

 

転勤族がマイホームで後悔するケース3選

転勤族の方がマイホームを買って後悔するケースをご紹介します。

夫の単身赴任が辛い

マイホームを購入した場合、夫が転勤になると単身赴任になります。夫が家に帰って来ないため、妻が一人で家を守らなければなりません。

夫がいれば相談できますが、いないと精神的な辛さがあります。また、夫も一人での生活は大変です。

二重に家賃が掛かる

家賃補助が出ない・少ないといったケースだと、住宅ローンと家賃が二重で掛かります。単身赴任は家賃以外にもお金が掛かるため、生活が一気に苦しくなるのです。

マイホームを賃貸に出せない

マイホームを購入したものの、夫の転勤先に付いていくケースです。マイホームを賃貸に出してローン返済に当てると考える方が多いですが、借り手が見つからないケースもあります。

 

転勤族が家を選ぶポイント

転勤族がマイホームを買って後悔するケースを考えると、家を選ぶポイントが見えてきます。

まず、マイホームは賃貸に出しやすく、いざとなったら売却できる場所を選びましょう。都心で駅から近いマンションであれば、借り手は見つかりやすいです。

また、勤務先である程度の家賃補助が出るのであれば、マイホームを購入しても生活が苦しくなりません。

夫が単身赴任でも、今の時代であればLINEやzoomなどで顔を見ながら毎日話すことができます。逆に夫婦仲が良くなるケースもあるのです。

ぜひ、検討してみてください。


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り提案・見積もりを
GETしたい方は
コチラをクリック!



【関連記事はこちら】