天窓を設置する上で知っておくべきメリット・デメリット15選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋を明るくしたいのであれば天窓がオススメ!

1

「明るい家にしたいけれど、隣の家で光が遮られてしまう。」と悩んでいる方へ。

家を明るくしたいのであれば、窓の設置を最初に検討します。しかし、隣の家が近くにあったり、家の中が丸見えになってしまうなどデメリットも多いです。

そこでオススメしたいのが「天窓」の設置です。天窓であれば一目を気にすることなく、光を取り入れることができます。

今回は、天窓を設置する上で知っておくべきメリット・デメリットを紹介します。

 

天窓を設置するメリット9選

2

まずは、天窓を設置するメリットについて、詳しく解説します。
 
 
●部屋が明るくなる

天窓を設置することで、昼間のほとんどの時間で自然光が入り、部屋が格段に明るくなります。通常の壁にある窓に比べると、3倍の効果があると言われています。
 
 
●開放感のある部屋になる

天窓がある部屋は、圧倒的に開放感が違います。2階リビングにして天窓を設置すると、抜群の開放感で過ごすことができます。
 
 
●風通しが良くなる

開閉式の天窓であれば、日光だけでなく風も取り入れることができます。通常の窓に比べると、天窓は最大4倍もの風通しになると言われています。

寒気がしやすくなり、夏場は上の方に溜まった熱気を逃がすことができます。
 
 
●隣を気にせずに窓を開けられる

隣との距離が近い場合、窓を開けると中が見えるので躊躇してしまいます。

しかし、天窓であれば隣を気にする必要がありません。互いの視線や音が気にならないのは、嬉しいメリットです。
 
 
●家全体のデザインが良くなる

天窓を付けると、日光や風だけでなく部屋自体のデザインも良くなります。

室内だけでなく、天窓がある家を外から見てもとてもスタイリッシュです。デザイン性を高めるために設置する方もいらっしゃいます。
 
 
●照明の電気代を節約できる

家が自然光で明るくなるため、当然ですが照明の電気代は安く抑えることができます。
 
 
●セキュリティ面が高い

防犯面からみても、天窓は優れています。通常の窓は開けっ放しにできないですが、天窓であれば侵入できる可能性が格段に少なく、天窓を開けっ放しで寝ても問題ありません。
 
 
●家具の置き場の自由度が高い

壁に窓を設置した場合、タンスなどの家具は置けなくなってしまいます。

天窓であれば、家具の置き場に迷うことがありません、家具の置き場の自由度が高いのは、大きなメリットです。

 

天窓を設置するメリット6選

4

次に、天窓を設置するデメリットを6つ紹介します。
 
 
●掃除がしにくい

天窓がある部屋はオシャレですが、ガラス面が汚れていては台無しになってしまいます。

しかし、天窓は高い位置に設置してあることから、とにかく掃除がしにくいです。内側は脚立に登って何とか清掃できるかもしれませんが、外側は屋根に登る必要があります。
 
 
●暖房・冷房効率が低下する

当たり前ですが、壁に比べると天窓は気温の影響を受けやすくなります。風通しがよくなるメリットがありますが、暖房・冷房効率が低下することも考慮する必要があります。
 
 
●夏が暑く感じる

日当たりが良くなるのは良いのですが、夏は日差しが直接注ぐため暑いです。夏対策が必要です。
 
 
●雨音が響く

天窓は雨が当たるため、雨音が直接室内まで伝わります。

階段の上や吹き抜けの勾配天井であれば問題ありませんが、雨音で後悔する方は意外に多いです。特に寝る予定のある部屋であれば、注意しましょう。
 
 
●ソーラーパネルの設置面積が減る

天窓が付いている部分には、ソーラーパネルは載せられません。その分太陽光発電が出来なくなってしまいます。
 
 
●定期的なメンテナンス(雨漏り対策)が必要

天窓は屋根に穴を開けるので、雨漏りの可能性があります。

雨漏りの原因のほとんどは、ゴムパッキンの劣化や施工不良です。メンテナンスをしっかりとすれば、雨漏りの心配はありません。

 

天窓の種類

3

次に、天窓の種類を把握しておきましょう。天窓には固定式と開閉式の2種類があります。
 
 
●固定式の天窓

固定式の天窓は開かないため、完全に採光を目的として設置します。施工費は安いものの、熱が天井に籠っても換気できないというデメリットがあります。
 
 
●開閉式の天窓

開閉式の天窓であれば、採光だけでなく風も取り込めます。

また、開閉式には手動と自動があり、自動の中にはタイマー式の物もあります。また、温度や雨を検知して、自動で閉まる物もあります。

 

2階リビングには本当におすすめ

5

2階リビングの家は、特に天窓をオススメします。

2階リビングであれば寝室にはならないため、雨音が気になりません。また、隣の家と距離が近くても明るいリビングを実現することができますし、リビングのオシャレさも格段に上がります。

天窓のメリット・デメリットをしっかりと理解したうえで、ぜひ設置を検討してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加