※本記事はタウンライフのプロモーションを含んでいます。

テラス屋根を設置して実際に後悔した事例6選




テラス屋根を設置するメリットと実際に後悔した事例を徹底解説!

引用:後付けできる!外壁を傷つけない独立屋根

「テラス屋根を設置したい!」
「テラス屋根はやめたほうがいい?」

テラス屋根を設置することで、雨の日でも洗濯物を干すことができます。また、日差しも防ぐことができます。日差しを遮ることで、テラス自体を紫外線から保護し、劣化を遅らせることにもつながります。

しかし、テラス屋根を設置する際にはいくつかのポイントを理解しておく必要があります。この記事では、テラス屋根を設置して実際に後悔した事例や、設置する際の注意点について、詳しく解説します。


タウンライフ エクステリア&外構工事」は、自宅にいながら全国630社以上の外構業者の中から、提案を受けることができるサービス!あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が無料でもらえます。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ エクステリア&外構工事が凄いのは、資料だけでなく「外構費用のお見積り」「プランニング」「アイデア&アドバイス」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

テラス屋根を設置しなくて後悔した事例3選

まずは、テラス屋根を設置しなくて後悔した事例についてご紹介します。

テラス屋根を設置しなくて後悔した事例①「屋根がなくて後悔」

テラス屋根は、洗濯物の強い味方となってくれます。洗濯物を干す際には、テラス屋根が雨や日差しを遮ってくれるので、安心して使うことができます。洗濯物を外に干す場合、天気予報が晴れでも屋根がないと不安を感じることでしょう。

テラス屋根を設置しなくて後悔した事例②「庇や屋根がないため雨が吹き込む」

マンションではバルコニーの上に上階のバルコニーや持ち出し屋根があるため、大雨でなければ窓を開けても室内に雨が入ってくることはほとんどありません。しかし、一戸建てでは庇や屋根がない場所には簡単に雨が吹き込んでしまいます。テラス屋根は、2階や3階のバルコニーにも設置することができます。

テラス屋根を設置しなくて後悔した事例③「反射の日差しを緩和する」

明るめのタイルデッキやウッドデッキを使用すると、日差しが反射してまぶしく感じることがよくあります。タイルデッキやウッドデッキは、テラス屋根との相性が良く、両方を組み合わせて設置する人も多くいます。

テラス屋根によって日差しを遮ることで、眩しさを軽減し、ウッドデッキの褪色や劣化を防ぐこともできます。

 

テラス屋根を設置して実際に後悔した事例6選

テラス屋根を設置して実際に後悔した事例について、詳しく解説します。

テラス屋根で後悔した事例①「台風で飛ばされてしまった」

テラス屋根の故障で最も多いのは、「強風によって屋根パネルが飛ばされる」ことです。これは、テラス屋根が強風による倒壊を防ぐために、一定の風圧で屋根パネルが外れるように設計されているためです。

テラス屋根で後悔した事例②「室内が暗くなってしまった」

テラス屋根を設置すると、日差しを遮るために室内の明るさも減少することがあります。実際に住み始めて春夏秋冬を経験してみないと、日当たりの具体的な影響はわからないかもしれません。

透過タイプの屋根パネルを使用したテラス屋根なら、完全に光を遮ることはありません。

テラス屋根で後悔した事例③「経年劣化が気になる」

テラス屋根は、経年劣化に伴い屋根面の汚れが気になることがあります。砂ほこり、鳥の糞、虫の死骸などは避けられない問題ですが、最近では屋根パネルの素材も進化し、汚れがつきにくくなっています。

テラス屋根で後悔した事例④「瑕疵保証が終了してしまった」

工務店やハウスメーカーによっては、外壁に穴を開けた時点で新築時の瑕疵保証が終了する場合もあるため、注意が必要です。対策としては、独立したタイプのテラス屋根を選ぶなどの方法があります。

瑕疵保証が一度終了してしまうと、元に戻すことはできません。このような後悔を避けるためにも、設置前には必ず瑕疵保証の内容を確認することをお勧めします。

テラス屋根で後悔した事例⑤「雨音が気になる」

テラス屋根を設置すると、雨音が気になる場合があります。雨が屋根に当たるときの音は、意外にも大きいものです。

特に、寝室とテラス屋根の設置場所が近い場合は注意が必要です。十分な距離を確保できない場合は、寝室を別の部屋に移動させるなどの対策を検討することが重要です。

テラス屋根で後悔した事例⑥「開放感が無くなってしまった」

テラス屋根を設置すると、視界が遮られることにより開放感が減少しました。開放感を保ちたい場合には、屋根に透明な素材を使用し、柱を家の側に配置するように選ぶことが重要です。

 

テラス屋根を設置する上での注意点6選

次に、テラス屋根を設置する上での注意点を解説します。

素材

テラス屋根に使用される代表的な素材は、以下の3つです。

・ポリカーボネート
・熱線吸収ポリカーボネート
・熱線吸収アクアポリカーボネート

それぞれの素材の特徴について説明していきます。

ポリカーボネートは、熱を通しやすいという特徴があります。そのため、洗濯物を干す場所として適している素材と言えます。ただし、熱を通しやすいため、夏場には暑くなるというデメリットがあります。

熱線吸収ポリカーボネートは、熱を通しにくいという特徴があります。熱を通しにくいため、冷暖房の効果を高めることができます。そのため、テラスをくつろぎスペースとして活用したい方におすすめです。

熱線吸収アクアポリカーボネートは、熱を通しにくいだけでなく、防汚機能にも優れているという特徴があります。テラス屋根は、汚れが付着しやすいものです。汚れが気になり、手入れが負担となる場合もあります。そのような方には、熱線吸収アクアポリカーボネートを選択することをおすすめします。

形状

テラス屋根にはF型とR型の2つの形状があります。F型は一般的にフラット型とも呼ばれ、平面的な形状であり、スマートでスタイリッシュな印象を与える特徴があります。一方、R型は丸みを帯びた形状であり、柔らかく優しい印象を与えます。

しかしこの2つの形状の違いは、単にデザイン上の違いだけではありません。R型は丸みを帯びているため、雨水の吹き込みを少なくするという機能的な特徴があります。そのため、屋根の形状を選ぶ際には、単にデザインだけでなく、機能性も考慮して選択することが重要です。

柱の位置

テラス屋根を選ぶ際には、柱の位置も重要な要素です。柱の位置によって使用方法や外観が異なるため、各タイプの特徴を理解することが重要です。

家側に柱があるタイプ:
このタイプでは視界が遮られず、開放感を損なうことがありません。開放感を重視する方におすすめです。ただし、このタイプの設置には家の基礎がベタ基礎である必要がありますので、状況によっては設置が難しい場合もあります。

中央に柱があるタイプ:
このタイプでは柱が中央に配置されるため、設置場所の選択肢が広がります。さまざまな場所に設置することができる利点があります。ただし、柱が中央にあるため、開放感が少なくなり、屋根下のスペースもやや狭くなるというデメリットがあります。

家と逆側に柱があるタイプ:
このタイプでは屋根下のスペースを広く活用することができます。DIYやバーベキュースペースなど、広々としたスペースを確保できる利点があります。さらに、柱が家から離れた位置に配置されているため、家の基礎に制約されずに設置できるというメリットもあります。ただし、柱が視界を遮るため、開放感が制限される可能性があるというデメリットもあります。

強度

テラス屋根を選ぶ際には、強度も非常に重要です。特に、雪の多い地域や頻繁な台風の通過地域では、環境に合わせた強度を選択する必要があります。強度を選ぶ際には、対積雪強度と耐風圧強度の両方を考慮することが重要です。

対積雪強度には、以下の3つのモデルが存在します。
・20cmモデル
・50cmモデル
・100cmモデル

耐風圧強度には、以下の3つの代表的なモデルがあります。

・耐風圧強度46m/秒
・耐風圧強度40~42m/秒
・耐風圧強度30~34m/秒

最近では、大型の台風も珍しくないため、安全な環境を確保するためには余裕を持った選択を心がけることが重要です。

隣の敷地への配慮

雨が降った場合、隣の敷地に雨水が流れ込む可能性があります。現在、夏季にゲリラ豪雨などの大雨が頻繁に発生することもあり、不適切な近隣トラブルを引き起こさないように配慮する必要があります。

敷地境界線ギリギリに設置するのではなく、テラス屋根を設置する際には雨水がどのように排水されるかを考慮することが重要です。

2階や3階への設置

壁に取り付けるタイプのテラス屋根は、1階(庭)だけでなく2階や3階のバルコニーにも設置することができます。

テラス屋根は、1階(庭)で使用されるものと2階や3階のバルコニーで使用されるものは、基本的に同じ製品です。1階(庭)では、テラス屋根の柱を地面で支えますが、バルコニーでは前面の手すりで柱を支えます。

もし希望するテラス屋根が「バルコニー用」と明記されていなくても、設置することができる可能性が高いです。

 

目的を明確にすることが重要

引用:おしゃれでかっこいいテラス屋根

この記事では、テラス屋根を設置して実際に後悔した事例や、設置する際の注意点について、詳しく解説しました。

テラス屋根を設置する目的は人それぞれ異なるため、自身の目的を明確にすることが重要です。例えば、雨の日でも洗濯物を干せる環境を作りたいのか、快適な居住空間を作りたいのか、雨の日でもDIYを楽しみたいのかなど、目的に応じて屋根の素材や柱の位置を選ぶことができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

外構を工事したいけど何からしていいか分からない方へ


「外構を工事・リフォームをしたいけど、どこに頼めばよいか分からない。」
「外構の価格をできるだけ抑えたい。」


外構の工事・リフォームをお願いしたいけど、価格が安くて良い業者をどうやって見つければいいのか分からない方は多いです。

あなたの地元にも必ず良い外構業者はいます。そこでオススメしたいのが、無料で複数社の外構プランと見積もりを手配してくれる「オンライン一括見積もりサービス」です。

オンライン一括見積もりサービス「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、下記の特徴があります。
・全国630以上の外構業者から、あなたの街の優良な会社を厳選

・完全無料でプラン/見積もり提案がもらえる

・外構業者に行く必要はなく自宅で完結
毎日忙しい中、休みの日に外構業者を回るのは大変です。まずはインターネットで複数社から提案を受けることをオススメします。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

「タウンライフ エクステリア&外構工事」はリフォーム部門で3冠を達成


「タウンライフ エクステリア&外構工事」は、インターネット調査でリフォーム部門3冠を達成しているサービスです。
・利用満足度 No.1
・使いやすさ No.1
・サイト利用者安心度 No.1
信頼性の高い複数の業者から外構プランをもらうことができ、相見積もりを行うため価格を抑えることができます。1件ずつ業者を探すよりも、圧倒的に業者選びが楽になります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから
 

あなたの街の優良外構業者から3つの提案が届く


全国550以上の外構業者が登録されており、あなたの街で評判が高い3つの会社から外構提案が届きます。

「アイデア&アドバイス」「外構費用のお見積り」「プランニング」をもらうことができますので、様々なアイデアを参考にしながら外構計画を立てることが可能になります。

入力する内容も限られており、3分で簡単に記入が終わります。

\簡単・たったの3分/

無料の外構提案・見積もりは
コチラから




【関連記事はこちら】