バルコニーの手すりは布団を干すのに必須!把握すべき3種類の手すり


バルコニーの設計は布団の干しやすさがポイント

 
バルコニーの設計は布団の干しやすさがポイントバルコニーをしっかりと考えないで作ってしまう方がいますが、後悔する人が多いポイントです。

バルコニーは布団や洗濯物を干すのに使いますが、家に住み始めると「干すスペースが少ない」「手すりが無くて布団が固定出来ない」といった失敗をよく聞きます。

今回は、バルコニーの手すりについて詳しく解説していきます。

手すりのみのバルコニー

 
手すりのみのバルコニー手すりのみのバルコニーはよく見ると思いますが、布団を干すのが大変なケースが多いです。

普通に手すりを作った場合、手すりの壁厚は20cm程度となります。布団は風で飛ばされないように布団バサミを使いますが、壁が厚いと布団バサミが使えません。

普通に手すりを付けるだけでは、布団干しに最適なバルコニーにはなりません。

 

トップレール付きのバルコニー

 
トップレール付きのバルコニートップレール付きのバルコニーは、使い勝手の良さから標準装備にしているハウスメーカーも多いです。

このトップレールがあると、壁が厚くても問題なく布団を干すことが出来ます。

見た目があまり好きになれない方もいますが、使い勝手は良いです。

 

スチール手すりのバルコニー

 
スチール手すりのバルコニースチール製の手すりは、風通しが良いので布団を干すにも最適です。

スチールなので、細くても強度があります。外観のアクセントにもなり、外観がモダンなイメージになります。

デメリットとしては、壁が無い部分が多いので、小さな子供がいると転落の恐れがあります。子供が大きくなるまでは、ロープを張るなど安全対策が必要です。

 

バルコニーは広さと室外機に注意

 
バルコニーは広さと室外機に注意4人家族の場合、バルコニーの長さは4.5mが目安となります。

布団1枚が1mほどなので、4人分だと4.5mあれば十分干せるのです。

また、バルコニーにはエアコンの室外機を置くことがよくあります。細いバルコニーだと幅が70cm程度の物が多いですが、室外機を置くと通るスペースがほとんどありません。

バルコニーだけでも考慮すべきことが多いので、しっかりと検討しましょう。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加