タイル張りの家は実は安い|外壁がメンテナンスフリーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイル張りの家は長い目で見ると安い

 
タイル張りの家は長い目で見ると安いこれから戸建を建てるのであれば、外壁の選び方は重要だ。

マンションの場合、外壁メンテナンスは管理組合が全て行ってくれる。しかし、戸建の場合は外壁のメンテナンスを自分で行わなければならない。

一般的な外壁である「窯業系サイディング」は、10年を目処にメンテナンスが必要になる。足場を組んで塗装をするのに、約100万円が費用の目安となる。

つまり、戸建に30年住む場合には、10年目・20年目で合計200万円の費用が掛かることになる。

これから家を建てるのであれば、最もオススメなのが「タイル張りの家」だ。タイル張りの家で最も大きなメリットは、メンテナンスがフリーになることだ。

タイルは、土や石を約1300度の高熱で焼き固めたものだ。外壁の劣化は、ほとんどが紫外線が影響している。しかし、タイルは紫外線の影響を受けないのだ。

今回は、タイルの外壁について詳しく解説していく。

 

タイル張りの家は高い?

 
タイル張りの家は高い?タイル張りの家は、窯業系サイディングの外壁に比べると高い。

タイル張りの家が得意なハウスメーカーは、ミサワホーム・セキスイハイム・パナホーム・新昭和などだ。そもそも、タイルの外壁が選べなかったり、圧倒的に高くなってしまうハウスメーカーも多い。

タイル張りの家は、相場だと+170万円程度だ。最近はタイルの値段が下がってきており、+100万円程度で変更できる場合もある。

タイル張りに+170万円掛かったとしても、外壁がメンテナンスフリーになるため長い目で見ると安いしかも、タイルの外壁は見た目の劣化が少なく、20年〜30年経っても綺麗な見た目を保つことができる。

 

見た目の美しさも考慮すると悩みようがない

 
見た目の美しさも考慮すると悩みようがない初期費用は掛かるものの、メンテナンスを考えるとタイル張りの家は安い。

さらに、見た目もカッコよく仕上がるため、どう考えても窯業系サイディングを選ぶ理由がない。「地震の時にタイルが剥がれるんじゃないの?」という印象を持っている方もいるが、最近のタイルは剥離・ひび割れもほとんど心配がない。

メンテナンスがいらないというのは、価格以上に安心感が得られる。20年・30年が経った時に、見た目が変わらない家に住んで良かったと思うはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加