タイニーハウスの室内・内装を徹底紹介!把握すべきメリット・デメリット


タイニーハウスの室内・内装を徹底紹介!

最近ではミニマリストが注目されており、家にかける費用を抑えて豊かに暮らすと考える方が増えています。

そこで注目されているのが「タイニーハウス」です。コテージや小屋のような可愛さがあり、コンパクトに暮らしたいという方に剥けた住宅となっています。

この記事では、タイニーハウスのメリット・デメリットや室内の内装について、詳しく解説します。

タイニーハウスとは

タイニーハウスとは、そのままの意味で「tiny」(とても小さい)家という意味です。

アメリカが発祥で、これまで多額の住宅ローンを組んで大きな家を建てるのが当たり前だった人々が、小さな家で経済的に自由な暮らしがしたいという考えが反映されています。

アメリカではセルフビルドのタイニーハウスも多く、建材の使用が少なくコンパクトな生活になることから、エコ活動をしている方からも支持されています。

地震や台風などの自然災害が多い日本でも、タイニーハウスが支持されています。

 

タイニーハウスのメリット

タイニーハウスのメリットは、なんといっても家の費用が安いことです。建築コストは2000万円以上掛かるのが一般的ですが、タイニーハウスは約300万円からというリーズナブルな価格となります。

また、簡易的な家になるため、自分で建築するセットも販売されています。DIYブームとなっている現在では、自分でタイニーハウスを建てたいという方も多いのです。

 

タイニーハウスのデメリット

タイニーハウスのデメリットは、やはり圧倒的に室内が狭いことです。

自由なレイアウトや充実した収納は、難しいケースがほとんどです。また、家族で住むという選択肢は難しいでしょう。

実際の住みやすさだけでなく、近所の方から小さい家に住んでいるという目で見られることも懸念されます。

 

タイニーハウスの内装・間取り6選

タイニーハウスの内装・間取りについて、商品別に紹介します。

無印良品の小屋

無印良品の小屋は、施工費込で300万円程度の商品です。屋内約9.1m²・縁側3.1m²の広さがあります。

無印良品の小屋の特徴として、縁側があり開口部が広いため、自然と一体になったような小屋となっていることです。外壁の焼杉をはじめ国産材を使用しており、オプションで断熱仕様・防犯使用・電源・給排気なども取り付けられます。

群馬県嬬恋村にある無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場では、実際に無印の小屋に宿泊することができます。また、千葉県のシラハマ校舎では土地を借りて、無印良品の小屋を建てることが可能です。

IMAGO(イマーゴ)

IMAGO(イマーゴ)は、105万円から購入できる小屋です。全国にログハウスなど自然派個性住宅のハウスメーカー「BESS」が販売しています。

セルフビルドを前提としたキット販売となっています。ログハウスは木を積み重ねていくので、セルフビルドでも建てやすいことが特徴です。

しかし、断熱材などは入っていないため、居住というよりも趣味や物置として使用するべきです。トイレ・シャワー・エアコンなども設置可能なので、ちょっとした事務所などには良いかもしれまえsん。

約10㎡・6帖ほどのスペースですが、友達と楽しむ場所としたり、カフェを営業するといった楽しみ方が可能です。セルフビルドなので安く購入できるのが魅力です。

Roomette(ルーメット)

Roomette(ルーメット)は、これまでの小屋とは違いトレーラータイプのタイニーハウスとなります。卵のようなかわいらしい外見が特徴です。

コンパクトで牽引がしやすいことから、移動型の店舗として利用する方も多いです。内装は基本的に何も無い状態で納車されるため、オプションで断熱仕様・給水タンク・窓・ドアといったカスタマイズが可能です。

価格は198万円〜となっています。普通免許で牽引することが可能です。

キャンピングドーム

キャンピングドームは、北欧風のログハウスを展開する「茜プランニング」が販売している商品です。キャンピングドームという名前通りで、丸い形をしており別荘のような楽しみ方ができます。

木製で作られている机・椅子など、カントリーな雰囲気を演出してくれます。約6帖のタイプは140万円から購入可能です。

INSPIRATION(インスピレーション)

INSPIRATION(インスピレーション)は、多くのタイニーハウスを販売しているyadokariが作った商品です。

夫婦2人・子供1人が住めるスペースを想像して作られており、開口部にバルコニーやウッドデッキを設置することで、開放的な小屋が出来上がります。

生活することを考慮されているため、トイレ・シャワー・キッチンが完備されています。300万円から購入可能です。

住箱(JYUBAKO)

住箱(JYUBAKO)は、アウトドアブランドのsnow peakが販売している商品です。建築家の隈研吾氏がデザインしたトレーラー付き(移動式)のタイニーハウスとなっています。

軽さと強さを重視し、あえて合板を用いたシンプルなデザインです。オプションでベッド床板・ロールスクリーン・照明などが付けられます。

神奈川県横須賀市にある京急観音崎ホテルでは、住箱に宿泊することができます。また、グランピング施設などにも活用されています。

広さは屋内が約11㎡となっており、400万円から購入できます。

 

タイニーハウスは離れにも最適

最近では家でテレワークをする方が増えたものの、場所がなくて困っている人が多いです。

そういった需要にも、タイニーハウスを離れとして活用するケースが増えています。自分だけの書斎スペースとして、人気となっているのです。

ぜひ、検討してみてください!

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加