階段下トイレで後悔しない|知っておくべきメリット・デメリット・工夫10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

階段下トイレを検討する

家の間取りを考える際に、限られた空間を有効活用するため、階段下にトイレを配置した間取りをよく見ます。

階段下を収納にするよりも、トイレにした方が空間が広く使えるためです。リビングを広く取りたい、デッドスペースを有効活用したいという方が、階段下トイレをよく採用しています。

しかし、階段下トイレを設置するメリット・デメリットをしっかり把握していないと、後悔するケースもあります。今回は、階段下トイレについて詳しく解説します。

階段下の使い方

階段下はトイレの他にも、収納にする家庭は多いです。主にトイレか収納の2択になると思います。

しかし、階段下を収納にすると使いにくいケースもあります。特にU字型の階段がある家だと注意が必要です。

その理由は、階段下収納の奥行きが深くなってしまうため、奥に入れた物が取り出せなくなることです。収納は奥行きがあるほど使いづらく、このような階段下の場合はトイレにするのが正解です。

収納にする場合、通路部分を確保しつつ、物を上まで置けるにように棚を配置するといった工夫が必要です。

階段下トイレのメリット2選

階段下トイレを設置するメリットについて、詳しく解説します。

階段下スペースを有効活用できる

階段下スペースを収納にした場合、奥行きがありすぎて使いにくいケースが多いです。

しかし、階段下トイレであればスペースを有効活用することができます。家のどこに階段下があるのかで異なりますが、トイレの出入り口が玄関前になってしまうといった問題がなければ、設置することを検討しましょう。

リビングを広く取ることができる

1階に本来あるべきトイレを階段下に設置することで、リビングなど他のスペースに余裕を持たせることができます。

特に狭い家の場合は、階段下トイレを積極的に採用しましょう。

階段下トイレのデメリット4選

次に、階段下トイレのデメリットについて解説します。

天井が低くなってしまう

階段下は、トイレの天井に階段の形状が見えることが多いです。また、基本的に天井は低くなります。

U字型の階段を設置する場合、奥のトイレ便座部分がかなり低くなりがちです。家族に背の高い人がいる場合は、圧迫感を感じやすいため注意しましょう。

収納スペースを確保できない

階段下というもともとデッドスペースになりがちな場所をトイレにしているため、収納スペースを確保できない場合が多いです。

天井が低くなっているため高い位置に棚を付けることも限られてしまいます。トイレットペーパー・生理用品・タオル・掃除用具といった、トイレの中に収納したい物を収納するには工夫が必要となります。

使用できる照明器具が限られる

階段下の天井は、天井の高さを確保している設計が多いです。この天井に電気配線をして証明を設置するのは、その分天井を低くしなければならない可能性があります。

その結果、照明器具が限定される可能性があります。階段下トイレの場合は、間接照明を設置するなど工夫が必要です。

トイレドアの横幅が通常より小さいサイズになりやすい

階段下の小さなスペースを利用するため、トイレのドアを通常よりも小さい特殊な寸法になることが多いです。

このため、大柄な方・足腰が不自由な方など、トイレの出入りで窮屈に感じてしまう可能性があります。階段下トイレの場合、引き戸も取り付けにくくドアになることが一般的です。

階段下トイレで工夫すべきポイント4選

このデメリットを解消するために、工夫すべきポイント4選を紹介します。

タンクレストイレを採用する

階段下トイレの場合、天井高が低いためタンクレストイレをオススメします。高さを抑えたデザインにすることで、スッキリ感を出すことができます。

タンクレストイレの場合、縦ラインの圧迫感を減らすだけでなく、奥行きも小さくなります。すっきりとしたデザインで、階段下トイレの小さなスペースでも掃除が楽です。

壁埋込み型の収納(ニッチ)を採用する

家の間取りによりますが、収納を設置しにくい階段下トイレでは、壁埋込み型の収納(ニッチ)を採用することで収納スペースを確保することができます。

手洗いと収納がセットになった壁埋込み型の収納もあるので、機能的で手洗いコーナーも欲しいという方にオススメです。

間接照明を入れる

間接照明を採用することで、照明でオシャレにスタイリッシュな空間を作ることができます。トイレで雑誌を読むといった人でなければ、関節照明はぜひ検討してみましょう。

壁紙は膨張色か後退色を使う

階段下トイレは通常よりも天井が低く、圧迫感が生まれる可能性があります。そこで、壁紙を工夫しましょう。

色彩の心理効果として、膨張色という物があります。広さ感をより強調したい方は、トイレの床・壁・天井面を明るい白系の色で構成し、トイレドアや窓枠もなるべく白系に統一すると広く見えます。

また、後退色は、赤や黄色といった前に出てくる進出色とは違い、実際にある位置よりも一歩遠くに感じる色ですので、奥行き感を出したい時は、寒色系のグリーンやブルーをうまく組み合わせて使うのもオススメです。

階段下トイレはオススメ

階段下トイレのメリットは少ないように感じられますが、階段下の有効活用というとても大きなメリットです。

私も階段下トイレを設置しており、その分リビングを広く取ることができました。背は高い方ですが、壁紙・照明などを工夫し圧迫感は特に感じておらず後悔していません。

デメリットも把握しながら、ぜひ階段下トイレを検討してみましょう!



住宅展示場に行こうと思っている方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加