トイレの位置は重要!間取りを決める時にNGな位置3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレの位置は後悔ポイントになりやすい

 
トイレの位置は後悔ポイントになりやすい注文住宅で間取りを決める時に、後悔しやすいのが「トイレの位置」だ。

トイレの位置は何となく決めてしまう人もいるが、いざ住んでみると「なんでこんな位置にあるんだろう。」と後悔してしまう人がいる。見え方だけでなく、臭いや音にも注意する必要がある。

今回は、トイレの位置を決めるにあたり「この場所はやめとけ!」というNGな位置を3つ紹介する。

 

トイレの場所でNGな位置3選

 
トイレの場所でNGな位置3選トイレの場所を検討する上で、下記3つの場所は注意しよう。
 
 
・玄関から近い位置

玄関ホール内で、玄関を開けて目の前の位置にトイレを設置するケースがある。

廊下は無駄なスペースだと思ってリビング階段を設置した場合、確かにリビングは広く感じる。しかし、廊下スペースが無いため、玄関近くにトイレを設置することになるのだ。

玄関の近くにトイレを設置すると、お客さんが玄関にいる時に出入りがしにくくなる。臭いや音が気になるだけでなく、出てくるところが玄関から丸見えになるためだ。
 
 
・リビングと接しているトイレ

リビングから直接トイレに行ける間取りを見ることがあるが、一番やめた方がよい位置だ。

リビングやダイニングに音が聞こえないか、臭いが充満しないかが気になるからだ。玄関の場合は長居する場所ではないが、リビングは家族だけでなく友達も頻繁にいる。
 
 
・脱衣所の中にトイレの入り口がある

脱衣所に入らないとトイレに行けない間取りがあるが、これも最悪だ。

誰かがお風呂に入っている時間は、トイレに行きずらくなる。お客様が来た時も、脱衣所を通るのは洗濯物などを綺麗にしておく必要がある。

 

2階にお風呂・脱衣所・トイレを設置することも検討しよう

 
2階にお風呂・脱衣所・トイレを設置することも検討しようこのNGな3つの場所から選ばなければいけない場合は、玄関ホール近くのトイレだろう。

玄関に長居する人はいないし、子供はトイレを我慢して帰宅することが多い。玄関からすぐに駆け込めるトイレは、メリットもあるのだ。

しかし、この3つから選ばなければいけないのであれば、私は2階にお風呂・脱衣所・トイレを設置することをオススメする。

2階に水回りを集中することで、洗濯物も1階から2階に運ばなくて済む。お風呂から出たら、そのまま部屋に入れるのもよい。

トイレの位置は後悔しやすいポイントなので、しっかりと検討してほしい。



住宅展示場に行こうと思っている方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加