新築で床暖房を設置して後悔!失敗したと思う理由8選


新築で床暖房はいらない!失敗する理由

新築で一戸建てを建てる場合、最近では多くの家で床暖房が設置されています。

寒い冬でも、足元から暖かくしてくれる床暖房に憧れる方が多いです。SUUMOの人気設備ランキングでも3位に入るほど人気で、部屋を乾燥させずに温めることから特に女性に人気があります。

しかし、SUUMOのランキングでは、設置して後悔した設備ランキングでも3位となっていました。30人中6人が設置して後悔したと回答しており、約4割の方は床暖房がいらなかったという結果でした。

なぜ新築で床暖房を設置すると失敗したと思うのでしょうか?今回は床暖房について、詳しく解説します。

私が床暖房を設置して失敗したと思う理由8選

私の家も床暖房を設置しましたが、正直に言って失敗したと思っています。下記に失敗したと思う理由をまとめました。

暖まるのがとにかく遅い

床暖房を設置して失敗したと思う一番大きな理由が、「暖まるのがとにかく遅い」ことです。早く部屋を暖めるにはエアコンの方が圧倒的に早いです。

ある論文によると、9℃の部屋を22℃に温めたケースで下記の結果でした。

エアコン:35分
床暖房:2時間10分

私はエアコンと床暖房を一緒に入れて、部屋が暖まったら床暖房のみを付ける生活をしています。しかし、エアコンだけで問題なかったのではないか?と思っています。

エアコンより光熱費が掛かる

床暖房を8畳の部屋で毎日8時間使用した場合、月々約4,700円の電気代が掛かります。ランニングコストの安いガス式でも、月々約3,700円となります。エアコンだと約3,300円ですので、床暖房の方が高くなってしまいます。

エアコンより初期費用が掛かる

床暖房はエアコンよりも光熱費が高いだけでなく、初期費用も高いです。

エアコン(通常):4〜6万円
床暖房/電気式(6〜10畳):最低30〜40万円
床暖房/温水式(6〜10畳):最低50〜60万円

また、多くの家庭ではエアコンと床暖房の両方を設置しています。床暖房だけだと夏の対策が出来ないので、夏に部屋を冷やすためにはエアコンを使うのです。

リビングだともっと大きな床暖房が必要になるので、150万円前後が全体の相場となっています。

修理費用が高い

床暖房がもし故障してしまった場合にも、修理費用がとても高いです。

床暖房(熱源機):20〜30万円
床暖房(不凍液の交換やメンテ):5万円前後
床暖房(点検):5,000円
エアコン(修理):1万円〜数万円
エアコン(点検):5,000円前後

何かあった時の出費も、エアコンの方が断然安いのです。

赤ちゃんに危険

床暖房のメリットとして、ヒーターなどと違って直接熱源が出ていないので、赤ちゃんに安心という記載をよく見かけます。

しかし、エアコンに比べて床暖房は赤ちゃんに危険です。それは、低温やけどの危険性があるからです。

赤ちゃんは床から距離が近く、大人よりも更に高い温度で床暖房と接しています。このため、低温やけどや脱水症状の危険があるのです。

もし床暖房のついている場所で赤ちゃんを寝かせる場合、最低でも3センチ以上の厚みがあるラグを用意しましょう。

乾燥

「エアコンだと乾燥するから床暖房の方が良い」という方は多いです。しかし、研究によると床暖房とエアコンではほとんど差がありません。

エアコンだと空気が乾燥するイメージがありますが、それは床暖房も同じなのです。いずれにしても、加湿器を設置するといった対策が必要になります。

ホコリが舞うかどうか

「エアコンだと風でホコリが舞うのが嫌」という方もいます。確かに、床暖房よりエアコンの方が風量が強いです。

しかし、夏場は床暖房を設置しないので、エアコンを使用する方が多いでしょう。そこで、夏のホコリ対策は出来ないため、結局夏場は諦めるしかないのです。

メンテナンスが面倒

ガス式の床暖房を設置した場合、循環液の補充が必要です。この補充が面倒で、失敗したと思う方も多いです。

 

まとめ

今回は、私が床暖房を設置して失敗したと思う理由について紹介しました。

●暖まるのがとにかく遅い
●エアコンより光熱費が掛かる
●エアコンより初期費用が掛かる
●修理費用が高い
●赤ちゃんに危険
●乾燥
●ホコリが舞うかどうか
●メンテナンスが面倒

下記のようなメリットもありますので、こういった点に魅力を感じる方は、床暖房を設置しても良いでしょう。

・温度ムラがない
・音や風がない
・暖房設備を隠せる

私の意見としては、この程度のメリットであれば床暖房は必要ないと思います。最近の家は高気密・高断熱なので、エアコンで十分に部屋が暖まるからです。

ぜひ、参考にしてみてください。

【関連記事はこちら】


住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ

注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。

・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。
・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。
・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。

家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる



「タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。

また、アンケート調査では、注文住宅部門で3感を達成しています。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。

・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択

これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料で間取り・見積もりをGET!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加