ZEH住宅は必要ない?実際に後悔した事例6選




ZEH住宅は必要ない?後悔した事例を徹底解説!

「ZEH住宅ってよく聞くけど分からない」
「家を建てるならZEH住宅の方がいいの?」

ZEH住宅は、外皮の断熱性能を大幅に向上させ、効率の良い設備システムを導入しています。室内の快適性を保ちながら省エネルギーを実現し、さらに再生可能エネルギーを利用することで、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅のことをいいます。

この記事では、ZEH住宅の特徴や実際に後悔した事例について、詳しく解説します。


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国600社以上のハウスメーカーや工務店の中から、提案を受けることができるサービス!


他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が複数社から無料で貰えます!

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

ZEH住宅とは?

ZEHとはゼッチと読み、高性能な設備が備わった住宅を指します。

ZEH住宅の主な特徴は以下の通りです。
・外壁などの断熱性能が非常に高い
・高効率な設備システムを導入
・省エネルギーながらも快適な室内環境を維持できる
・再生可能エネルギーを活用
・年間の一次エネルギー消費量が収支ゼロになっている

ZEHのコンセプトは、住宅の断熱性を向上させ、冷暖房や給湯、照明などのエネルギー消費を抑え、さらに太陽光などの自然エネルギーを活用することで、その住宅で消費されるエネルギーを「±ゼロ」にすることです。

ZEH住宅のメリットとしては、環境的な側面での地球温暖化対策だけでなく、室内が外気温の影響を受けにくいため一年中快適な温度環境を維持できる点や、光熱費の削減が挙げられます。また、災害時に停電しても生活しやすいため、防災住宅としての利点もあります。さらに、将来的に売却する際には資産価値が高まる可能性もあります。

経済産業省は、2021年に「2030年度以降の新築住宅において、ZEH基準の省エネルギー性能を目指す」という方針を決定し、2030年までに新築住宅の平均的な省エネ性能がZEH相当になることを目標としています。

 

ZEH住宅は必要ない?実際に後悔した事例6選

次に、ZEH住宅にして実際に後悔した事例をご紹介します。

ZEH住宅は必要ない?後悔した事例①「理想の間取りに出来なかった」

高い断熱性を持つ家を建てる場合、おしゃれなデザインを追求するためには、『大きな窓』『高い天井』『吹き抜け』などの要素を諦める必要があるかもしれません。

大きな窓は夏場の室温上昇のリスクが高まり、高い天井は暖かい空気が上に逃げてしまい、快適な室温を保つことが難しくなる可能性があるためです。もしも最初から大きな窓や吹き抜けを希望していた場合、プラン変更を余儀なくされることもあります。

理想のデザインとZEH住宅の要件を両立させるために、デザイン力や設計力の高いハウスメーカーや建築会社と協力して家づくりを進めることが重要です。

ZEH住宅は必要ない?後悔した事例②「建築費用が高くなった」

ZEHの普及率がまだ20%台にとどまっている最大の要因は、建築費用の高さです。

ZEH基準を満たすためには、高性能な断熱材や断熱サッシが必要であり、最新の省エネ設備や太陽光発電システムも欠かせないためです。そのため、材料費や工事費は従来の建築費用よりも高くなる傾向があります。

ただし、補助金制度が利用可能であり、国もZEHの普及を推進していることから、将来的には建築費用のコストダウンが期待されています。

ZEH住宅は必要ない?後悔した事例③「太陽光発電のメンテナンス費用が高い」

ZEHの住宅を建てる際には、太陽光発電システムの導入が必要です。太陽光エネルギーを活用し、二酸化炭素排出を削減するためです。

ただし、太陽光発電は設置したら終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要です。日常的なメンテナンスだけでなく、定期点検にも10万円以上の費用がかかることがあります。これらの費用はランニングコストとして考慮しておく必要があります。

ZEH住宅は必要ない?後悔した事例④「耐震性に不安がある」

太陽光パネルは、1枚あたり約15kgの重さがあり、20枚設置すると約300kg、架台などのパーツを含めると400kg以上になります。

実際に、耐震性を向上させるためには、屋根の軽量化が効果的とされており、屋根の荷重に対する工夫が欠かせません。

ZEH住宅は必要ない?後悔した事例⑤「機器の使い方が分からない」

ZEH住宅は、常に消費エネルギーを管理・監視する必要があります。そのためには、HEMS(ヘムス)と呼ばれるエネルギー管理システムを設置します。

HEMSは、家庭の電気機器を接続し、エネルギー使用状況を可視化したり、各機器を制御してエネルギーの自動制御を行い、快適な節電を実現します。

エネルギー消費を制御するために高性能な設備機器も多くありますが、ZEHに住み始めた人々の中には、これらの操作や利用方法がわからず、効率的なエネルギー管理をあきらめてしまった人も少なくありません。

ZEH住宅は必要ない?後悔した事例⑥「発電量が予想よりも少ない」

太陽光発電に頼るエネルギーは、季節によって大きく影響を受けます。実際には予想よりも少ない発電量だったという場合もあります。

自身の建設予定地がZEH住宅に適しているのか、よく考慮する必要があります。事前に地域の特性や太陽光発電の効果を調査し、それに基づいて家づくりを進めることが重要です。

 

メリットとデメリットを把握した上で採用しよう!

この記事では、ZEH住宅の特徴や実際に後悔した事例について、詳しく解説しました。

ZEHの仕組みや詳細まで理解していないと、後で「こんなはずじゃなかった」と後悔することもあります。重要なのは、メリットとデメリットの両方を理解した上でZEHの家を建てることです。

ぜひ、参考にしてみてください。

住宅展示場に行こうと思っている方や間取りで悩んでいる方へ


注文住宅を検討している方は、「とりあえず住宅展示場へ行ってみようかな?」という方がほとんどです。

しかし、住宅展示場はオススメしません。理由は3つです。
・営業マンの話を聞かなければならず、じっくり検討できない。

・グレードの高い住宅展示場のモデルハウスは参考にならない。

・大した収穫もなく、資料だけもらって帰ることになる。
家を買う方は、働き盛りで子育て中であったり、共働きであったりと忙しいです。住宅展示場で土日が潰れるのはもったいないです。

また、ハウスメーカーは決まっているけど、間取りに悩んでいるという方へ。他の会社からも間取り提案を無料で受けられるとしたら、魅力的ではないでしょうか?

そこで、オススメするサービスが「タウンライフ家づくり」です。  

「タウンライフ家づくり」は完全無料で資料・間取り提案・見積もりがもらえる


タウンライフ家づくり」は、自宅にいながら全国のハウスメーカーや工務店から提案を受けることができるサービスです。

他にも資料を一括で請求できるサービスはありますが、タウンライフ家づくりが凄いのは、資料だけでなく「間取り提案」「詳細な見積もり」が無料で貰えることです。

累計利用者数は112万人となり、毎月5,000人以上が利用する人気のサービスとなっています。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

全国600社以上の加盟店で希望の会社が見つかる

誰もが知っている大手ハウスメーカー27社に加えて、全国のハウスメーカーや工務店など合わせて600社以上の登録があります。

これだけのハウスメーカーや工務店がタウンライフ家づくりに登録していることで、信頼を集める理由となっています。下記はほんの一例です。


また、アンケート調査では、注文住宅部門で3冠を達成しています。


\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから

依頼は簡単で最短3分の2ステップ



タウンライフ家づくりへの依頼は、とても簡単です。
・希望の間取り・こだわり・予算などの入力
・希望のハウスメーカー・工務店を選択
これで「ハウスメーカーの資料」「間取り提案」「詳細見積もり」が届きます。

\簡単・たったの3分/

無料の間取り・見積もり
提案はコチラから



【関連記事はこちら】