リビング

挽き板フローリングとは?ライブナチュラルプレミアムで後悔した理由2選

後悔している挽き板フローリング:ライブナチュラルプレミアム

私は、1Fのフローリングに挽き板フローリング(朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアム)を採用しました。

ライブナチュラルプレミアムは、無垢材と複合フローリングの中間となる商品です。表面に厚め(2mm)の無垢材を使用しているため、見た目が無垢材フローリングと同じとなります。

しかし、無垢材とは違い変形しにくく床暖房も使用できます。ワックスも不要ですので、無垢材の風合いを楽しみつつ手間が掛からないという商品なのです。

価格は無垢材並みに高いのですが、人気商品となっています。私は1Fのリビングなどに採用しました。

しかし、挽き板フローリングのライブナチュラルプレミアムを選んだことに後悔しています。今回は、挽き板フローリングのライブナチュラルプレミアムで後悔した理由について、詳しく解説します。

続きを読む

スタディスペースを設置して後悔!把握すべきメリット・デメリット・注意点15選

人気のスタディスペースは後悔することが多い

「子供にはリビングで学習させたいから、子供部屋だけでなくリビングにスタディスペースを作ろう!」と考える方が非常に増えました。

一時期流行となったのが、東大生の8割以上が子供部屋ではなくリビング学習をしているということです。子供の学力が上がるリビング学習を取り入れたいと考える親が増え、スタディスペースを作る方が多くなっていったのです。

しかし、スタディスペースは作り方が難しいスペースです。後で後悔することが非常に多く、しっかりと検討する必要があります。

今回は、スタディスペースについてメリット・デメリット・注意点など解説します。

続きを読む

クッションフロアをリビングやキッチンに選ぶと後悔する理由5選

クッションフロアを貼る人はほぼ後悔する

「リビングやキッチンにクッションフロアを貼りたい」という相談を受けることがあります。

しかし、私としては「クッションフロアは後悔するのでやめた方がよい」と答えます。賃貸住宅などでは、安くて綺麗に見えるクッションフロアを貼ることがよくありますが、持ち家でクッションフロアは絶対にオススメしません。

今回は、クッションフロアを選ぶと後悔する理由について、詳しく解説します。

続きを読む

狭いリビングで赤ちゃんスペースを確保する方法7線

狭いリビングでも赤ちゃんスペースは確保できる?

赤ちゃんが生まれると、赤ちゃんスペースを確保する必要が出てきます。

しかし、「私の家は狭いリビングなので、赤ちゃんスペースが確保できない!」という方も多いです。これまで夫婦だけで暮らしていたのであれば、赤ちゃんが過ごすスペースを確保すると一気に部屋が狭くなってしまいます。

そこで今回は、狭いリビングでも赤ちゃんスペースを確保する方法について、詳しく解説します。

続きを読む

無垢材の床は後悔する?実際に導入した方の10年後の意見5選

無垢の床は10年後に後悔する?

「無垢材の床は温かみがあって好き」「無垢材で癒やされる空間にしたい」という理由で、無垢材の床を採用するケースは多いです。

しかし、無垢材の床は本当に後悔しないのでしょうか?今回は、実際に無垢の床を採用した方の意見をご紹介します。

無垢材の床を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

オープンステア階段の知っておくべきメリット・デメリット7選

おしゃれな階段「オープンステア」を検討する

オープンステアとは、階段の踏みつける部分(踏板)の間をスリットにして、階段が見通せる構造になっている階段を指します。

スケルトン階段・ストリップ階段と呼ばれることもあります。一方、従来の階段は箱を積み重ねたような形をしているので「ボックス階段」と呼ばれています。

最近では、オープンステアを選ぶ方も増えてきました。オシャレな見た目から人気なのですが、オープンステアにはメリット・デメリットがあり、注意が必要です。

今回は、オープンステアのメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

天井は板張りは後悔しない?把握すべきメリット・デメリット6選

素材感を楽しむ板張りの天井

最近の注文住宅では、「天井を板張りにしたい!」という要望が増えています。

天井に木を張ることで、温かみのある落ち着いた雰囲気を演出することができます。スターバックスの内装でもよく取り入れられており、戸建てにも使いたいという人が増えました。白の天井はありきたりですが、天井の板張りは珍しく、オシャレで個性のある空間ができます。

今回は天井の板張りは後悔しないのか、メリット・デメリットなど詳しく解説します。

続きを読む

リビング収納には何を入れる?事前に考えて間取りを作ることが重要

リビング収納はしっかりと検討することが重要

家の間取りを決める中で、リビング収納は最も重要な収納となります。

しかし、ほとんどの方が何となく広さや作りを決めています。リビングは家族全員が集まる場所なので、リビング収納は自ずと収納する物が多いのですが、何を入れるかどうかまでは考えないのです。

リビング収納をしっかりと検討することで、スッキリと整理整頓されたリビングでお客様を迎えることができます。今回は、リビング収納に何を入れるのか、またリビング収納の作りについて詳しく解説します。

続きを読む

スタディコーナーでリビング学習をしよう!注意すべき間取りのポイント4選

リビング学習のために設置すべき「スタディコーナー」

1

「東大生の多くが子供の頃に実践していた学習法」として注目されたのが、子供部屋ではなくリビングで勉強をするリビング学習です。

今や、小学生以下の子供がいる家庭では定番になっています。しかし、リビングやダイニングにスタディコーナーを設置するには、家を建てる時にしっかりとした計画が必要です。

スタディコーナーのある間取りを実現するには、注意すべきポイントがいくつもあります。今回は「スタディコーナー」について、詳しく解説します。

続きを読む

アウトドアリビングを設置するために知っておくべきメリット・デメリット9選

マンションだけでなく戸建にも増えている「アウトドアリビング」

1

分譲マンションでは増えている「アウトドアリビング」ですが、最近では戸建でも2階リビング+アウトドアリビングの家が人気となっています。

1階の庭にアウトドアリビングを設置したり、屋上に設置するケースもあります。ここでは、2階リビング+アウトドアリビングについて紹介します。

2階リビングの家庭がアウトドアリビングを設置すると、見た目だけでなく実用性も高いためです。家族が集まるリビングを実現するために、アウトドアリビングが増えています。

アウトドアリビングは憧れますが、デメリットも多くあります。しっかりとメリット・デメリットを把握した上で、設置することが重要です。

続きを読む