子供部屋

子供部屋の間仕切り壁は設置する?費用・メリット・デメリットを徹底解説

子供部屋の間仕切り壁について検討しよう

注文住宅を建てる上で、多くの方が迷う「子供部屋」。子供部屋を最初から仕切っておく方がいいのか、後で必要になった時に仕切るのか、様々な考え方があります。

現在では、将来の生活スタイルに合わせて家を変えられるように、最初は間仕切り壁を設置しないケースが増えています。しかし、後々「仕切っておけば良かった。」「仕切らずに使うべきだった。」と後悔するケースが多いのです。

今回は、子供部屋の間仕切り壁について、費用・メリット・デメリットなど詳しく解説します。

続きを読む

子供部屋の最適な広さは?広い・狭い場合のメリット・デメリット13選

理想的な子供部屋の広さと作り方

子供部屋はどれくらいの広さが必要か?」「最初から間仕切りをするのか、最初は広い部屋にして将来必要になれば間仕切りをするのか?」といった内容で悩む方は多いです。

「子供には不自由させたくないから、6帖くらい広さがあればいいかな。」と何となく決める方もいます。自分が6帖以上の子供部屋で育った場合、6帖は用意したいという方が多く見られます。

対して、子供部屋が狭かった、そもそも子供部屋が無かったという方は、狭い子供部屋で問題ないという方が多いように感じます。

今回は、理想的な子供部屋の広さと作り方について、詳しく解説します。

続きを読む

子供部屋の広さで悩んでいる方へ|用途と仕切り方を考える

子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう

 
子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう家の間取りを決める時に、悩むのが「子供部屋の広さ」だ。

「子供には6畳を取ってあげたいから、寝室は最小限にする」という家庭もある。子供に広い家を用意してあげるのが親の責任という方もいるが、限られた家のスペースで子供部屋の広さを取るのは難しい。

友達を連れてくる時でも、ある程度遊ぶスペースに余裕が出るのが6畳だ。4.5畳だとスペースが狭く、ベッドと机を置くと少しのスペースしか残らない。

間取りを決める上で、子供部屋の用途を考えて広さを決めよう。私は子供部屋にテレビやパソコンは置かず、ベッドと机が置ければ十分だと思っている。

その分リビングでテレビやパソコンを用意しておけば、自然とリビングに集まる家庭になる。子供部屋を充実させることが、正しいとは限らない。

続きを読む