キッチン

キッチンカウンター兼ダイニングテーブルは検討すべき!メリット・デメリット6選

キッチンカウンター兼ダイニングテーブルは検討するべき間取り

新築を建てる上で、リビングを広く取りたい方が多いです。しかし、実際には土地の広さには制限があり、理想とする広さのリビングに出来ないケースがよくあります。

今回紹介するのは、キッチンカウンター兼ダイニングテーブルにする間取りです。キッチンカウンターをダイニングテーブルと兼用にすることで、スペースを広く取れるだけでなく様々なメリットがあります。

今回は、キッチンカウンター兼ダイニングテーブルのメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

キッチンで人造大理石を選んで後悔!把握しておくべき後悔した理由3選

人造大理石のキッチンは選んで後悔

最近の注文住宅では、人造大理石のキッチンが主流となっています。

人造大理石のキッチンを見ると、ホワイトで統一されている家庭が多くとてもオシャレです。しかし、あまり考えずに人造大理石のキッチンを選んだことで、後悔した人はとても多いのです。

なぜ人造大理石のキッチンを選んで後悔するのか、キッチンの選ぶ素材について下記の内容を紹介します。

●キッチンの天板に選ぶべき素材
●キッチンのシンクに選ぶべき素材
●人造大理石を選んで後悔した理由

続きを読む

クローズドキッチンの把握すべきメリット・デメリット8選

おしゃれなクローズドキッチンが最近人気となっている

2

最近では、対面キッチンやアイルランドキッチンなど、リビング・ダイニングと繋がった形状のキッチンがほとんどとなっています。

この背景として、臭いや見栄えよりも家族とのコミュニケーションを大切にしたい、リビングを広く見せたいという方が多いためです。

クローズドキッチンは古い印象を持っている方もいますが、人によってはクローズドキッチンの方が良い方も多いです。最近では、おしゃれなクローズドキッチンを演出する方も多く見られます。

今回は、クローズドキッチンのメリット・デメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

カウンターキッチンのメリット・デメリット7選【知らないと後悔します】

カウンターキッチンは7割の家庭で採用されている

2

キッチンを選ぶ際に、あなたは様々なタイプのキッチンを把握できているでしょうか?

深く考えずにカウンターキッチンを採用する方が多いですが、カウンターキッチンのメリット・デメリットをしっかりと把握しておく必要があります。

また、カウンターキッチンの中でも、検討すべきことがいくつかあります。キッチンの作り方は奥様にとって一番重要なので、必ずメリット・デメリットを把握した上で設計しましょう。

続きを読む

L型キッチンの間取り|メリット・デメリット7選

作業スペースが広くて人気の「L型キッチン」

1

キッチンにはⅠ字型・Ⅱ字型・L字型・アイランド型が代表的な配置ですが、その中でも人気が高いのが「L型キッチン」です。

L型キッチンが人気の理由は、動線が短いため料理が楽になることや、複数人で料理できる点が挙げられます。3世帯家族で一緒に料理をする機会が多い方や、将来は娘と一緒に料理がしたい方など、L型キッチンを検討してみてはいかがでしょうか?

今回は、L型キッチンのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

アイランドキッチンのメリット・デメリット13選|後悔しないキッチン作り

アイランドキッチンは後悔しがち!きちんとメリット・デメリットを理解しよう

1

戸建を建てる時に最も多いキッチンは「対面キッチン」ですが、「オシャレなリビングにしたい」「料理を楽しみたい」という方は「アイランドキッチン」を選ぶ家庭もあります。

アイランドキッチンとは「島」という言葉通り、一つの島のように存在するキッチンです。壁に接する部分が無いので、とても広く、また家事をする際も効率よく動く事が出来ます。

そのオシャレさから、モデルルームやドラマでもよく目にしますし、多くの女性が憧れるキッチンです。しかし、アイランドキッチンはデメリットも多いため、しっかりとメリット・デメリットを把握して設置することが重要です。

今回は、アイランドキッチンで後悔しないために、メリット・デメリット13選を紹介します。

続きを読む

キッチンパントリーの間取りで注意すべきポイント6選

キッチンパントリーとは?

1

最近の新築では、「キッチンパントリー」を設置する家が増えています。

キッチンパントリーとは、キッチン専用の収納スペースのことです。水・お米・野菜・お菓子などの食料や、お鍋・食器といったキッチン用品をストックするためのスペースになります。

壁面収納もパントリーと呼びますが、ウォークインスタイルになっている1〜2畳ほどの収納をパントリーと呼ぶケースが多いです。ここでは、ウォークインスタイルの食料庫をパントリーと呼びます。

キッチンパントリーは、下記のような方にオススメです。

・キッチン用品が多い
・たくさんの食材をストックしておきたい
・生活感を出したくない
・リビングのゲストに冷蔵庫を見せたくない

今回は、キッチンパントリーのメリット・デメリットと、設置する際の注意点について詳しく解説していきます。

続きを読む

キッチン・シンクの高さを決めるときに検討するべきこと5選

キッチンの適した高さは人によって違う

 
キッチンの適した高さは人によって違うキッチンで過ごす時間は長く、キッチンでの立ち仕事が原因で腰痛・肩こりになってしまうケースも多いです。

そして、腰痛や肩こりの原因は、キッチンの高さが自分に合っていない場合も多いです。

あなたはキッチンの高さについて、しっかりと検討したことがあるでしょうか?

キッチンの適した高さは、人によって違います。今回は、キッチンの高さについて詳しく解説していきます。

続きを読む

パントリーとは?料理好きな方は間取りと広さを検討して設置しよう

最近人気が出ている「パントリー」

 
最近人気が出ている「パントリー」最近の新築では、食品の収納スペースである「パントリー」を設置する人が増えている。

大型スーパーが増え続けており共働きの家庭も増えたことから、食品のまとめ買いをする家庭が多くなっているためだ。また、ホームベーカリー・鍋・フードプロセッサーなど、キッチン用品をたくさん持っている方にも重宝されている。

しかし、何となくパントリーを設置してしまうと「夏に暑くなってしまう」「あまり出入りしなくなった」という無駄なスペースになってしまう。料理が好きでキッチン用品や調味料が多い方は必要だが、自分にとって必要かどうか検討した上で設置しよう。

続きを読む

対面キッチンのメリット・デメリット10選|小さなお子様がいる家庭にオススメ

対面キッチンが今の主流!全体の7割を占める

 
対面キッチンが今の主流!全体の7割を占める新築物件で最も多いキッチンが「対面キッチン」だ。

新築の中で、対面キッチンは7割を占めるほどの人気だ。キッチンからリビング・ダイニングが見渡せるので、特に小さなお子様がいる家庭は対面キッチンを好む傾向がある。

本当に料理が好きな人はL字キッチンや独立キッチンを好むが、L字キッチンや独立キッチンは対面キッチンよりもスペースが必要になる。リビングのスペース狭くしてまでキッチンを広げる方は少なく、対面キッチンに落ち着くのだ。

今回は、対面キッチンのメリット・デメリットを10個紹介する。

続きを読む