対面キッチンのメリット・デメリット10選|小さなお子様がいる家庭にオススメ

対面キッチンが今の主流!全体の7割を占める

 
対面キッチンが今の主流!全体の7割を占める新築物件で最も多いキッチンが「対面キッチン」だ。

新築の中で、対面キッチンは7割を占めるほどの人気だ。キッチンからリビング・ダイニングが見渡せるので、特に小さなお子様がいる家庭は対面キッチンを好む傾向がある。

本当に料理が好きな人はL字キッチンや独立キッチンを好むが、L字キッチンや独立キッチンは対面キッチンよりもスペースが必要になる。リビングのスペース狭くしてまでキッチンを広げる方は少なく、対面キッチンに落ち着くのだ。

今回は、対面キッチンのメリット・デメリットを10個紹介する。

続きを読む

洗面所と脱衣所を独立させる間取り|女の子がいる家庭は特に検討すべき

最近増えてきた洗面所と脱衣所を独立させる間取り

 
最近増えてきた洗面所と脱衣所を独立させる間取り家を建てる際に最近増えているのが、「洗面所と脱衣所を独立させた間取り」だ。

通常、洗面所と脱衣所は同じスペースに設けられる。しかし、「娘がお風呂に入っている時に歯を磨きに行けない。」「お父さんが洗面所を使っているのでお風呂から出られない。」といった理由で、洗面所・脱衣所を独立させる間取りが増えているのだ。

洗面所と脱衣所をそれぞれ独立させた場合、デメリットもある。それぞれのスペースを大きく取る必要があり、脱衣所で水が使えないので部分的な手洗いなども出来なくなる。

しかし、誰かがお風呂に入っている場合でも、気兼ねなく洗面所を使えるメリットは大きい。今回は、洗面所・脱衣所の独立について解説する。

続きを読む

主寝室の間取り・照明・収納は重要!導線とスペースをしっかりと検討する

主寝室の間取りは入念に検討しない人が多い

 
主寝室の間取りは入念に検討しない人が多い間取りを決めていく中で、最も安易に考える人が多いのが「主寝室」だ。

「子供部屋は5畳+収納を確保して、余ったスペースで主寝室を作る」という流れで間取りを考える人が多い。

しかし、夫婦2人が寝るためのスペース・導線・照明計画をしっかりと立てていないと、家を建てた後に後悔することになる。

今回は、主寝室の考え方と注意点を紹介する。

続きを読む

玄関収納の考え方とアイデア|検討するのはコート・靴の収納だけではない

玄関は家の第一印象を決める

 
玄関は家の第一印象を決めるリビングがどれだけ素敵な空間だったとしても、玄関がゴチャゴチャしていると台無しになってしまう。

玄関は常に人がいる空間ではないが、毎日の出入りや来客の使用頻度は家の中で最も高い。しかし、下記のような家が多く見られる。

・届いた荷物を放置している
・スポーツ用品(野球のバットやサッカーボールなど)が置きっ放し
・靴が何足も出ている
・たくさんの傘が出しっぱなし
・ゴミの日までゴミが仮置き

来客にガッカリされないために、今回は玄関収納のアイデアを7つ紹介する。

続きを読む

子供部屋の広さで悩んでいる方へ|用途と仕切り方を考える

子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう

 
子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう家の間取りを決める時に、悩むのが「子供部屋の広さ」だ。

「子供には6畳を取ってあげたいから、寝室は最小限にする」という家庭もある。子供に広い家を用意してあげるのが親の責任という方もいるが、限られた家のスペースで子供部屋の広さを取るのは難しい。

友達を連れてくる時でも、ある程度遊ぶスペースに余裕が出るのが6畳だ。4.5畳だとスペースが狭く、ベッドと机を置くと少しのスペースしか残らない。

間取りを決める上で、子供部屋の用途を考えて広さを決めよう。私は子供部屋にテレビやパソコンは置かず、ベッドと机が置ければ十分だと思っている。

その分リビングでテレビやパソコンを用意しておけば、自然とリビングに集まる家庭になる。子供部屋を充実させることが、正しいとは限らない。

続きを読む

間取りの失敗例10選|新築注文住宅を建てる人は要チェック!

「こんなはずじゃなかった!」を無くすために

 
「こんなはずじゃなかった!」を無くすためにあなたが新築の注文住宅を建てるのであれば、他の人が間取りで失敗した例をチェックしておくべきだ。

せっかく自分の理想の家を建てたはずなのに、「こんなはずじゃなかった!」と思う人は多い。家は3回建てないと、自分にとって100点の家は建てられないと言われている。

よくある失敗例を知っておくだけで、自分にとって必要な間取りが見えてくる。今回は、間取りで失敗しがちなことを10個紹介していく。

続きを読む

タイル張りの家は実は安い|外壁がメンテナンスフリーに

タイル張りの家は長い目で見ると安い

 
タイル張りの家は長い目で見ると安いこれから戸建を建てるのであれば、外壁の選び方は重要だ。

マンションの場合、外壁メンテナンスは管理組合が全て行ってくれる。しかし、戸建の場合は外壁のメンテナンスを自分で行わなければならない。

一般的な外壁である「窯業系サイディング」は、10年を目処にメンテナンスが必要になる。足場を組んで塗装をするのに、約100万円が費用の目安となる。

つまり、戸建に30年住む場合には、10年目・20年目で合計200万円の費用が掛かることになる。

これから家を建てるのであれば、最もオススメなのが「タイル張りの家」だ。タイル張りの家で最も大きなメリットは、メンテナンスがフリーになることだ。

タイルは、土や石を約1300度の高熱で焼き固めたものだ。外壁の劣化は、ほとんどが紫外線が影響している。しかし、タイルは紫外線の影響を受けないのだ。

今回は、タイルの外壁について詳しく解説していく。

続きを読む

リビング横の和室は必要か?活用法と仕切りを考えて設置しよう

和室を作るかどうか悩む方へ

 
和室を作るかどうか悩む方へ家を新築する方で、和室を作るかどうか悩む方が少なくない。

最近のマンションでは、和室が全くない家も多くなった。また、洋室にフローリングではなく畳を敷いただけの家も増えてきている。

個人的な意見を言うと、私はぜひ和室の設置をオススメする。特に小さな子供がいる家庭や、今後子供を作る予定の方にはぜひオススメしたい。

今回は、リビング横の和室についてメリット・デメリットを紹介していく。

続きを読む