地窓のメリット4選|和室だけでなく玄関や廊下にも

人気が復活してきている「地窓」を取り入れよう

引用:プライバシーを確保しながら室内を明るく快適にしてくれる窓のアイデア

「地窓」とは、地面・床に近い低い場所に開けられる窓のことをいいます。

以前は和室によく用いられることが多かったですが、最近では玄関や廊下などにも取り入れられることが多くなりました。

その地窓が、最近では人気が復活してきています。それは、オシャレで光が入るだけでなく、効率的に換気ができることからです。

地窓と高窓を組み合わせることで、暖かい空気が上昇するため効率的に換気を行うことができます。省エネルギー住宅の必要性が高まる中で、地窓を設置する方が増えているのです。

この記事では、地窓を設置するメリットについて、詳しく解説します。

続きを読む

螺旋階段で後悔しないために知っておくべきメリット・デメリット9選

螺旋階段は存在感があってオシャレ!後悔しないために

螺旋階段のある家はとても憧れますが、実際に採用している方は少ない階段です。

私は、家の条件によっては螺旋階段が適しているケースも多いと思っています。しかし、最初から螺旋階段の採用を検討する人が少ないのは、とてももったいないです。

この記事では、螺旋階段で後悔しないために知っておくべきメリット・デメリット9選について紹介します。

続きを読む

庭を有効活用する方法5選|一戸建ての庭が放置されるのはもったいない

庭を有効活用しよう!

庭付きの家は憧れがありますが、いざ庭付き戸建を買うとほったらかしにしてしまう方が多いです。

庭を有効活用するためには、どのような意図で庭を設置するのかを考慮した上で庭を作ることが重要です。

この記事では、庭を有効活用する方法について詳しく解説します。

続きを読む

ストックヤードで後悔しない!使い道4選と設置すべき設備8選

ストックヤードで後悔しないために

引用:雨の日の強い味方!ストックヤードのご紹介

ストックヤードとは、勝手口まわりの庭部分を指します。

このスペースに洗濯物干し場・収納スペース・自転車置き場・ゴミの一時置き場として活用する方が増えています。限られたスペースですが、有効活用することで家事が格段に楽になります。

この記事では、ストックヤードの活用方法と、設置を検討すべき設備について詳しく解説します。

続きを読む

L型キッチンで後悔しないために把握すべきメリット・デメリット7選

作業スペースが広くて人気の「L型キッチン」は後悔する?

キッチンにはⅠ字型・Ⅱ字型・L字型・アイランド型が代表的な配置ですが、その中でも人気が高いのが「L型キッチン」です。

L型キッチンが人気の理由は、動線が短いため料理が楽になることや、複数人で料理できる点が挙げられます。3世帯家族で一緒に料理をする機会が多い方や、将来は娘と一緒に料理がしたい方など、L型キッチンを検討してみてはいかがでしょうか?

この記事では、L型キッチンのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

ミストサウナのメリット5選|湯船とどっちが効果的?

ミストサウナを設置する家庭が増えている

最近の新築住宅では、「ミストサウナ」を設置する家庭が増えています。

スーパー銭湯に行くと必ずドライサウナがありますが、家庭用でも設置できるのがミストサウナです。ミストサウナを設置することで、美容・美肌・血行促進・発汗作用など、様々な効果があります。

この記事では、ミストサウナのメリットと、効果的な入り方・価格について解説します。

続きを読む

ワイドバルコニーを設置するメリットと使い方4選

ワイドバルコニーは検討すべき!

最近のマンションでは、ワイドバルコニーを採用するマンションが増えています。

バルコニーは通常1.5m程度が一般的ですが、2m前後まで広げたバルコニーを「ワイドバルコニー」と呼びます。

ワイドバルコニーにすることで、バルコニーが「洗濯物を干す」だけのスペースから、様々な楽しみが生まれるスペースになります。

今回は、ワイドバルコニーのメリットや使い方について、詳しく解説します。

続きを読む

クッションフロアは洗面所・トイレ以外でも!メリット・デメリット8選

クッションフロアは洗面所・トイレ以外でも使われるようになっている

あなたが床材を選ぶ上で、知っておいてほしいのが「クッションフロア」です。

クッションフロアとは、ビニール製の弾力性のあるシート状の床の仕上げ材のことです。以前は洗面所やトイレなど、水回りに使われていた床材です。

しかし、最近ではデザインのバリエーションが増えてオシャレになっていることで、リビングやダイニングなどの生活空間でも使われるようになりました。水回りに強いため、特に子育て世代には人気となっています。

今回は、クッションブロアのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

サービスバルコニーの使い道と活用方法5選

サービスバルコニーの使い道と活用方法

マンションにサービスバルコニーがある方は多いですが、ほとんどの方が有効活用できていません。

サービスバルコニーとは、メインのバルコニーとは別に設けられたバルコニーです。メインのバルコニーは災害時の避難通路として用いられる場所となっており、奥行きが最低でも1m以上が必要になります。

サービスバルコニーは奥行きが少なく、避難通路としての役割も持ちません。まさに、おまけのバルコニーなのですが、狭くて日当たりが良くないケースも多いことから、有効活用されていないのが現実です。

そこで、今回はサービスバルコニーの使い方・活用術について、詳しく解説します。

続きを読む

サービスルームの使い道とメリット・デメリット8選|エアコンは設置できない?

サービスルームの使い道を徹底検証

マンションで同じ間取りでも、上層階では「3LDK」となっていて、下層階では「2LDK+S」となっている場合があります。

この「S」というのがサービスルームです。上層階では光が得られる窓が、下層階では隣の建物の影になることで光が得られない窓となり、サービスルームの扱いになります。

建築基準法で「居室」とは、生活や仕事のために人が長い時間過ごす部屋であるとしています。「採光に必要な窓などの開口部が床面積の1/7以上」「換気に必要な開口部が床面積の1/20以上」と定められていますが、サービスルームはこの2つの条件を満たさない部屋です。

ちなみに、サービスルームと同じように、トイレ・洗面所・浴室・収納・玄関・廊下なども居室には該当しません。

このサービスルームはどのように活用すればいいのでしょうか?今回は、サービスルームのメリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。

続きを読む