エコキュートとは?仕組みと電気代を抑える7つの方法を把握しよう

エコキュートとは?仕組みを理解しよう

 
エコキュートとは?仕組みを理解しよう戸建を建てる中で、給湯器を「電気」にするか「ガス」にするかで迷う方は多いです。

オール電化にする場合、お湯を沸かすのもガスではなく電気を使うことになります。この場合、必ず「エコキュート」という設備を導入します。

エコキュートとは、ヒートポンプ技術を利用して空気の熱でお湯を沸かす電気給湯器です。室外に設置されたファンが外気の熱を吸収し、その熱を利用してお湯を温めます。

本来、電気でお湯を沸かすのは本来非効率です。しかし、1kWhの電力で3kWh分の熱を取りだすヒートポンプ技術を活用することでエネルギー効率を良くしています。

また、エコキュートは電力の安い夜間電力を使っています。夜のうちにお湯を沸かしておき、タンク内に貯めて日中使える仕組みとなっています。

エコキュートの効率が良いのは、学習機能を搭載していることも大きいです。毎日の使うお湯の量を記憶し、毎日最適なお湯の量を夜間に作ってくれています。最近の技術はすごいですね。

続きを読む

良い土地の条件とは?必ずチェックすべき項目9選

良い土地の条件とは?

 
良い土地の条件とは?家を建てるにあたって、土地選びはとても重要です。

建物はその土地の形状によって臨機応変に対応できますが、駅からの距離・騒音・日当たりなど、土地の問題は解消できません。

土地を探すには、不動産会社を回ります。ハウスメーカーの場合は、営業担当が土地探しにも協力してくれる場合がほとんどで、ハウスメーカーのネットワークを使ったほうが良い土地が出てくる可能性が高いです。

今回は、土地を探すにあたって注意すべきポイントを9つ紹介します。

続きを読む

建築条件付き土地とは?建売では満足できない方にオススメ

自分でプラン・間取りが選べる「建築条件付き土地」

 
自分でプラン・間取りが選べる「建築条件付き土地」家を探している中で、「建築条件付き土地」が出てくることが多くあります。

建築条件付き土地とは、指定された施工業者(ハウスメーカーなど)によって建物を建てることを条件として、売買される土地のことです。

通常3ヶ月程度の期間内に、建物の建築請負契約を締結することを条件とします。もし建築請負契約が何らかの理由で成立しなければ、土地の売買契約も白紙になる契約です。

建売住宅に比べると、建築条件付き土地で建てる家は高い場合が多いです。建売住宅は同時にいくつかの家の工事を行うため、人件費を抑え同じ設備でも安く仕入れられるためです。

しかし、建売住宅を見学していると100点の家にはなかなか巡り会えません。「間取りはいいけど北向きかぁ。」「和室があればなぁ。」「収納が少ない。」と、欠点は必ず出てきてしまいます。

そこで、建築条件付きの土地を購入し、自分で間取りや設備を決めたいという人がいるのです。今回は、建築条件付き土地のメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

続きを読む

尺モジュールとメーターモジュールの違い|メリット・デメリットを把握しよう

尺モジュールとメーターモジュールで迷っている方へ

 
尺モジュールとメーターモジュールで迷っている方へ住宅メーカーによって「尺モジュール」もしくは「メーターモジュール」を取り扱っている場合があり、「結局どっちがいいの?」と迷う方が多いです。

尺モジュールとメーターモジュールでは、1間の長さが異なります。畳の1畳は尺モジュールで182cm×91cmとなりますが、メーターモジュールでは200cm×100cmとなります。

「大きさが違うだけでしょ?」と思うかもしれませんが、それぞれメリット・デメリットがあります。詳しく解説していきます。

続きを読む

断熱材は何を選ぶべき?4種類から比較検討しよう

断熱材の選び方は重要!

 
断熱材の選び方は重要!家選びをする上で価格や設備にこだわる方は多いが、断熱材の種類については気にせずに購入する方が多い。

断熱材は、外の寒さ・暑さを家の中に入れないようにするために壁に入っている建材だ。

注目する方は少ないが、断熱性能で家の快適性は全く異なるため、断熱材の選び方は重要となる。

今回は、断熱材の種類と選び方について解説していく。
 

続きを読む

子供部屋の考え方|男の子・女の子の違いと部屋の分け方

子供部屋は将来のことを考えよう

 
考え方と家を購入する時に、子供らしい北欧風の子供部屋を希望する方は多い。

イケアなどに行くと、可愛らしい部屋のレイアウトがたくさん紹介されている。

しかし、壁紙や家具は長く使う物なので、子供が大きくなった時に部屋が気に入らなくなってしまうケースが多い。

今回は、子供部屋の考え方と注意点を紹介していく。部屋の分け方にも様々な方法があるので、参考になればと思う。

続きを読む

パントリーとは?料理好きな方は間取りと広さを検討して設置しよう

最近人気が出ている「パントリー」

 
最近人気が出ている「パントリー」最近の新築では、食品の収納スペースである「パントリー」を設置する人が増えている。

大型スーパーが増え続けており共働きの家庭も増えたことから、食品のまとめ買いをする家庭が多くなっているためだ。また、ホームベーカリー・鍋・フードプロセッサーなど、キッチン用品をたくさん持っている方にも重宝されている。

しかし、何となくパントリーを設置してしまうと「夏に暑くなってしまう」「あまり出入りしなくなった」という無駄なスペースになってしまう。料理が好きでキッチン用品や調味料が多い方は必要だが、自分にとって必要かどうか検討した上で設置しよう。

続きを読む

屋根材の種類と選び方|必ず知っておくべき4種類の屋根材

意外に検討しない屋根

 
意外に検討しない屋根新築の戸建てを建てる時に、必ず検討してほしいのが「屋根材」だ。

屋根材は重要な要素にも関わらず、深く検討せずに決めてしまう方が多い。色やデザインは見るものの、耐久性や性能は考えずに何となく選んでしまうのだ。

しかし、屋根は外壁同様にメンテナンスが必要となる。屋根材は代表的な物で4種類あるが、価格・強度・寿命など様々だ。

今回は、屋根材の種類と選び方について解説していく。

続きを読む

小上がり和室のメリット・デメリット11選

最近人気のある「小上がり和室」

 
最近人気のある「小上がり和室」最近はマンションで特によく見られる「小上がり和室」。リビングから続いている和室に段差を付け、少し高くする仕様だ。

「段差があるとつまづくんじゃないの?」と思うかもしれないが、それ以上に便利なことが多い。段差部分に大型収納を設置でき、収納スペースを作りにくいマンションだとメリットが大きいのだ。

小上がり和室はメリット・デメリットが多くあるので、全て把握した上で検討しよう。

続きを読む

トイレの位置は重要!間取りを決める時にNGな位置3選

トイレの位置は後悔ポイントになりやすい

 
トイレの位置は後悔ポイントになりやすい注文住宅で間取りを決める時に、後悔しやすいのが「トイレの位置」だ。

トイレの位置は何となく決めてしまう人もいるが、いざ住んでみると「なんでこんな位置にあるんだろう。」と後悔してしまう人がいる。見え方だけでなく、臭いや音にも注意する必要がある。

今回は、トイレの位置を決めるにあたり「この場所はやめとけ!」というNGな位置を3つ紹介する。

続きを読む