タイル張りの家は長い目で見ると安い

 
タイル張りの家は長い目で見ると安いこれから戸建を建てるのであれば、外壁の選び方は重要だ。

マンションの場合、外壁メンテナンスは管理組合が全て行ってくれる。しかし、戸建の場合は外壁のメンテナンスを自分で行わなければならない。

一般的な外壁である「窯業系サイディング」は、10年を目処にメンテナンスが必要になる。足場を組んで塗装をするのに、約100万円が費用の目安となる。

つまり、戸建に30年住む場合には、10年目・20年目で合計200万円の費用が掛かることになる。

これから家を建てるのであれば、最もオススメなのが「タイル張りの家」だ。タイル張りの家で最も大きなメリットは、メンテナンスがフリーになることだ。

タイルは、土や石を約1300度の高熱で焼き固めたものだ。外壁の劣化は、ほとんどが紫外線が影響している。しかし、タイルは紫外線の影響を受けないのだ。

今回は、タイルの外壁について詳しく解説していく。

続きを読む