子供部屋

子供部屋の考え方|男の子・女の子の違いと部屋の分け方

子供部屋は将来のことを考えよう

 
考え方と家を購入する時に、子供らしい北欧風の子供部屋を希望する方は多い。

イケアなどに行くと、可愛らしい部屋のレイアウトがたくさん紹介されている。

しかし、壁紙や家具は長く使う物なので、子供が大きくなった時に部屋が気に入らなくなってしまうケースが多い。

今回は、子供部屋の考え方と注意点を紹介していく。部屋の分け方にも様々な方法があるので、参考になればと思う。

続きを読む

子供部屋の広さで悩んでいる方へ|用途と仕切り方を考える

子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう

 
子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう家の間取りを決める時に、悩むのが「子供部屋の広さ」だ。

「子供には6畳を取ってあげたいから、寝室は最小限にする」という家庭もある。子供に広い家を用意してあげるのが親の責任という方もいるが、限られた家のスペースで子供部屋の広さを取るのは難しい。

友達を連れてくる時でも、ある程度遊ぶスペースに余裕が出るのが6畳だ。4.5畳だとスペースが狭く、ベッドと机を置くと少しのスペースしか残らない。

間取りを決める上で、子供部屋の用途を考えて広さを決めよう。私は子供部屋にテレビやパソコンは置かず、ベッドと机が置ければ十分だと思っている。

その分リビングでテレビやパソコンを用意しておけば、自然とリビングに集まる家庭になる。子供部屋を充実させることが、正しいとは限らない。

続きを読む