日当たりの悪い家は気分が落ち込む

 
日当たりの悪い家は気分が落ち込む家の知識が少ないのに家を買ってしまったところ、日当たりの悪い家だと気づき後悔する人は多いです。

内覧会の時はオシャレな家具や照明で華やかな室内ですが、いざ住み始めると日当たりはすごく重要です。

日当たりが悪いと、体内時計が整いません。体内時計は日光を浴びると目が覚めて、暗くなると眠るという生活リズムができます。日当たりが悪い家だとこのリズムが崩れて、いつまで経っても目が覚めないといったことがよくあります。

また、太陽光が当たらない部屋は、湿気がたまりカビが生えやすい環境です。カビが生えるとカビの胞子が部屋を舞い、その空気を吸い込むことで呼吸器系の病気やアレルギーを引き起こす原因になります。子供がいる家庭は、ぜんそくの原因にもなってしまいます。

このような日当たりの悪い家を買ってしまっても、工夫して対策をすることで改善できます。今回は、日当たりの悪い家の改善方法を紹介します。

続きを読む