広さ

シューズクロークは設置するべき!広さ・間取り・臭いを考慮しよう

必ず設置するべき「シューズクローク」

必ず設置するべき「シューズクローク」最近の一軒家では、多くの家庭で「シューズクローク」を設けています。

シューズクロークとは、靴をメインに収納する玄関の収納です。傘やアウトドア用品など、外で使う物を収納する方も多いです。

しかし、シューズクロークは作り方を間違えて後悔する方が多い箇所です。用途や注意点をしっかりと把握して、計画をしましょう。

今回は、失敗しない「シューズクロークの計画方法」について、詳しく解説していきます。

続きを読む

パントリーとは?料理好きな方は間取りと広さを検討して設置しよう

最近人気が出ている「パントリー」

 
最近人気が出ている「パントリー」最近の新築では、食品の収納スペースである「パントリー」を設置する人が増えている。

大型スーパーが増え続けており共働きの家庭も増えたことから、食品のまとめ買いをする家庭が多くなっているためだ。また、ホームベーカリー・鍋・フードプロセッサーなど、キッチン用品をたくさん持っている方にも重宝されている。

しかし、何となくパントリーを設置してしまうと「夏に暑くなってしまう」「あまり出入りしなくなった」という無駄なスペースになってしまう。料理が好きでキッチン用品や調味料が多い方は必要だが、自分にとって必要かどうか検討した上で設置しよう。

続きを読む

玄関ポーチに屋根は必要?照明と広さを検討しよう

玄関ポーチはしっかりと検討するべき

 
玄関ポーチはしっかりと検討するべき住宅メーカーで家を建てる場合、玄関ポーチは標準のままにする人がほとんどだ。

しかし、標準の玄関ポーチでは扉を開けた時に狭かったり、屋根自体が無いケースもある。玄関ポーチは後からの増築が難しいため、建てる前の段階からしっかりと検討したい。

玄関ポーチの屋根は、迷ったら確実に付けるべきだ。「付けなくてよかったのに」と後悔する人を見たことがない。下記4つのメリットがある。

・雨の吹き込み防止
・日除け機能
・汚れ防止
・雨漏り防止

今回は、玄関ポーチのメリットと照明・広さについて詳しく解説していく。

続きを読む

子供部屋の広さで悩んでいる方へ|用途と仕切り方を考える

子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう

 
子供部屋の用途を考えて間取りを決めよう家の間取りを決める時に、悩むのが「子供部屋の広さ」だ。

「子供には6畳を取ってあげたいから、寝室は最小限にする」という家庭もある。子供に広い家を用意してあげるのが親の責任という方もいるが、限られた家のスペースで子供部屋の広さを取るのは難しい。

友達を連れてくる時でも、ある程度遊ぶスペースに余裕が出るのが6畳だ。4.5畳だとスペースが狭く、ベッドと机を置くと少しのスペースしか残らない。

間取りを決める上で、子供部屋の用途を考えて広さを決めよう。私は子供部屋にテレビやパソコンは置かず、ベッドと机が置ければ十分だと思っている。

その分リビングでテレビやパソコンを用意しておけば、自然とリビングに集まる家庭になる。子供部屋を充実させることが、正しいとは限らない。

続きを読む