自分でプラン・間取りが選べる「建築条件付き土地」

 
自分でプラン・間取りが選べる「建築条件付き土地」家を探している中で、「建築条件付き土地」が出てくることが多くあります。

建築条件付き土地とは、指定された施工業者(ハウスメーカーなど)によって建物を建てることを条件として、売買される土地のことです。

通常3ヶ月程度の期間内に、建物の建築請負契約を締結することを条件とします。もし建築請負契約が何らかの理由で成立しなければ、土地の売買契約も白紙になる契約です。

建売住宅に比べると、建築条件付き土地で建てる家は高い場合が多いです。建売住宅は同時にいくつかの家の工事を行うため、人件費を抑え同じ設備でも安く仕入れられるためです。

しかし、建売住宅を見学していると100点の家にはなかなか巡り会えません。「間取りはいいけど北向きかぁ。」「和室があればなぁ。」「収納が少ない。」と、欠点は必ず出てきてしまいます。

そこで、建築条件付きの土地を購入し、自分で間取りや設備を決めたいという人がいるのです。今回は、建築条件付き土地のメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

続きを読む